「2020年02月」の記事

2/19(水)におおぞらケアセンター様にて食リハを行いました!

2020年2月20日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元2年2月19日(水)13:50~16:00

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま13名+試食のみ2名、スタッフさま5名

 

  食リハサポ1

 

 

令和2年2月19日(水)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第64回を行いました。
今回のメニューはこちら

 

 無題

 バレンタインにちなみ、チョコレートのお菓子に挑戦頂きました。

 

今回も「開く」「移す」「計る」「混ぜる」「砕く」「包む」
「練る」「切る」「ねじる」「浮かべる」「まぶす」「組み合わせる」
などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

まずはトッピングの用意から・・・と思いきや
事前に配布されている手順を見ながら
サクサクと開封と下ごしらえが進みます。

 

DSCN9299 DSCN9300

 

 

小さなマシュマロやフルーツグミなどの具材の用意では
硬い、小さい、ペタペタするなど
カットが難しい様々な形状や硬さのお菓子を器用さですぐに適応され
グループで分担しながらトッピングの用意も出来ました。

初参加の方もおられてましたが、
しっかりと立って作業をされるなど、大活躍頂けました。

 

DSCN9302 DSCN9303 DSCN9305
DSCN9306 DSCN9307
DSCN9310 DSCN9309

 

 

トッピングや成形、仕上げの盛り付けは各自作業。
好みのカップの柄や色を選んだり
♡型に見立てて盛り付けたり
好みやお身体の状態に合わせてトッピングの種類や量を調整頂きました。

 

DSCN9312 DSCN9313 DSCN9314
DSCN9316 DSCN9323 DSCN9321
DSCN9324 DSCN9325

 

 

可愛い仕上がりにショコラティエも顔負けです!

 

 DSCN9327 DSCN9320 DSCN9319

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

●  甘いの大好き~やわらかくておいしい~
●  生チョコみたいだわ
●  マシュマロを入れると美味しいんだね!
●  グミはプチプチして意外にうまい~
●  濃厚~

など

 

 

 DSCN9329 DSCN9328

 

 

このような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

2/12(水)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2020年2月13日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元2年2月12日(水)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま13名、試食のみの方1名
スタッフさま5名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 無題

 

 

バレンタインにちなみチョコレートのお菓子に挑戦頂きました。

 

今回も「開く」「移す」「計る」「混ぜる」「砕く」「包む」
「練る」「切る」「ねじる」「浮かべる」
などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

小さなマシュマロやフルーツグミを更に細かくカット
手先の器用さはピカイチ!
ペタペタくっつくマシュマロに苦戦しながら
水を付けたり、スプーンを使うなどしていろんな方法をアレコレ考えて
トッピングをご用意くださいました。

 

チョコレート開封組はパクリ・・・パクリ・・・
お隣の方も含めて味見が多いのもご愛嬌です(笑)

 

DSCN9278 DSCN9281 DSCN9285

 

チョコレートを溶かし、協力して細かく砕いた
クッキー、ビスケット、ウエハースなどを入れてよく練ります。
意外と力がいる作業に「疲れた~交代!」と無理せずご自分のペースで進めてくださいました。

 

DSCN9286 DSCN9287
DSCN9289 DSCN9290

 


ここからがいよいよ本番!
トッピングをそれぞれ選び、生地と混ぜてラップに包んで形を整えます。
「手が痛くて出来ません!」が口癖のご利用者様も
自然に回ってくる各自作業の流れで黙々とご自分の作業に取り組んで頂けました。


アルミに包んで名前を書いたら、氷水にチャポン!

 

待ち時間は職員さんより男性陣にバレンタイン贈り物がありました ♥

しっかりと記名頂いたので誰の分が一目瞭然!
取り出して最後の仕上げです。

 

DSCN9291


粉糖をまぶしてカット
ハート形に仕上げたら完成です!


DSCN9292 DSCN9293 DSCN9294



 

参加者さまからの感想(吹出)

 

●  キレイ~

●  立派だな~

●  チョコレート作ったの初めてだわ。(100歳の方)

 

                               など

 見た目の可愛さにテンションが上がる女性陣に対して、
「うまいな~」としみじみ味わう男性の皆さん
どちらにも満足していただけたようでした。

 

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
今後もご利用者さま、職員さまと楽しい時間を作っていければと思っております。
次回の食リハも引き続き、よろしくお願いいたします。

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

2/11(月)に山形市さま主催の【介護予防講話in清水町集会所】を担当しました!

2020年2月11日 / イベントレポート, 講座&講話

講座名

山形市介護予防教室

テーマ

栄養に関する講話【俺流・私流 今日をいい日にする♪暮らしのレシピ】

主催者

山形市役所 長寿支援課 予防推進係さま

日時

令和2年2月10日(月)10:00-11:00

会場

山形市清水町集会所(山形市江南1丁目8-27)

参加者

清水町100クラブ参加者さま 21名
山形市役所 長寿支援課 予防推進係 担当者さま 1名

 

 

 DSCN9277

 

 

毎週100歳体操をされている皆さん。
講話が始まる前から資料を見ながら意見交換をされるなど、
普段からコミュニケーションがしっかり取れている
仲良しな様子が伝わってきました。

 

 

講話でも積極的に手を挙げたり、声を出して下さり、
笑いが溢れた楽しい1時間になりました。

 

終了後はテキパキと机が運び込まれ。
100歳体操を継続するための役員さんたちの影の苦労や工夫について
ねほりはほり伺えました(笑)

 

 

 

名称未設定

 

 

1、おカラダチェック
  要介護・認知症に繋がりやすい食生活の注意点や隠れ栄養失調チェックをご紹介し、その場で皆さんに
  体験頂きました。

2、食べ方のコツ
   食べる量が少なくなっても、効率的に必要な栄養素をまんべんなく食べるための食べ方・料理のコツ・
  レシピをご紹介しました。

 

3、俺流・私流の暮らし方
  家事を引退した…料理は苦手…などの理由から、食事をお弁当や訪問ヘルパー・ご家族に頼りきり
  となっているシニアの方が増えています。
  一見食事をしっかり食べていて安心に見えますが、料理を考える⇒買い物する⇒作るために使われていた
  考える機会や体を動かす機会が減ることで、体力や意欲・認知機能の低下に繋がること、食事を自分で
  用意し続けることの大切さをお話しました。

 

 

 

 

 参加者のみなさまからの感想・質問(吹出)

● 自分も一人暮らしでとてもためになりました。

●    相談をしたいときはどうしたらよいですか?
  ⇒山形市の「おいしく栄養あっぷ訪問」についてご紹介しました。

● ゆにしあってどういう意味ですか?

など・・・

 

 

なお、このレポートでご紹介させて頂いている画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させて頂きました。

最後に、このような機会をいただきました主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。

ゆにしあでは、地域交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣させていただいております。

ご要望やご予算に合わせて検討させていただきますので、お気軽にお問合せください。
地域向け講話のご案内

2/7(金)に特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2020年2月8日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

令和2年2月7日(金)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま7名+試食のみ2名、スタッフさま3名

 

食リハサポ1

 

 

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいておりましたが、

冬場は感染予防策としてユニット間の移動を無くし、1ユニット毎の少人数で実施しております。

 

今回のレシピはこちら

 

無題

 

 

バレンタインにちなんだレシピです。

 

今回も「切る」「開く」「すくう」「押し付ける」「移す」「計る」「混ぜる」
「振る」「注ぐ」「ちぎる」「つまむ」「のせる」などたくさんの作業を
ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

202028_200208_0001 202028_200208_0002

 

普段ハサミを使っていない方にもお渡ししたところ、
切ることは出来ませんでしたが、正しく持つことは自然にで出来ておられました。

 

混ぜると固まる特性がある材料を使用したため、
手分けをして担当者を入れ替えながら混ぜて頂きました。
泡だて器を手渡しすると自然に手を動かされる方も多く見られました。

 

202028_200208_0003 202028_200208_0004

 

 

飲み込みし難い方も多いため、粒々がないように仕上げるため、
マーマレードジャムはミキサーにかけた後裏ごしします。
裏ごし作業やはちみつでの味調整もご利用者様が行って下さいました。

 

いろいろな味や色が混ざることを好まないご利用者様には

真っ先に白色のオレンジ風味のプリンを指さし、

ご自分で盛り付けて下さいました。

 

わたあめのトッピングには思わず笑みがこぼれ、

プリンの湿りで溶けていくわたあめは

「とけちゃった~」と残念がる声があちこちから聞こえてきました(笑)

何度もわたあめ追加してふわふわの仕上がりを楽しんだり、
はちみつのチョイ足しで甘さの調整し、

「これならちょうどいい!」と自分だけのオリジナルデザートを楽しんで頂けたようでした。

 

 

202028_200208_0005 202028_200208_0006
202028_200208_0009 202028_200208_0008

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

次回の食リハもよろしくお願いいたします。

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

 

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

1/30(木)におおぞらケアセンター様にて食リハを行いました!

2020年2月1日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元2年1月30日(木)13:50~16:00

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ1名、スタッフさま5名

 

  食リハサポ1

 

 

令和2年1月30日(木)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第63回を行いました。
今回のメニューはこちら

 

 無題

 

 

令和2年になっての初開催ということで、新年を祝うおめでたいデザートです。

 

今回も「開く」「移す」「計る」「混ぜる」「こす」「注ぐ」「支える」
「詰める」「ねじる」「絞る」「かける」などの
様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

以前柚子茶をご施設で飲んだことがあるとのことで
柚子茶に興味津々の皆さん
普段はあまり反応を示さない耳が遠いご利用者様も
これが柚子茶?と何度も瓶を見ながらご質問してくださいました。

 

 DSCN9261

 

 

 「ハンドミキサーをかける」
「ミキサー食の方向けにゆずの皮をこす」
などの下ごしらえもご利用者様にして頂きました!

あまり使わない「ハンドミキサー」や「こし器」に興味津々
慣れ親しんだ料理にちょっとしたワクワクが入るのも食リハの魅力です。

 

DSCN9262 DSCN9263 DSCN9264
DSCN9265 DSCN9266 DSCN9267

 

 

今回は最近はお休みになっていて
試食だけして頂いたミキサー食を食べているご利用者様も
最初から最後まで同席くださり、
混ぜたり、「いいぞ~」との応援をしてくださいました。

 

人数が多く、やる気に満ち溢れる皆さん
ついつい同じ方ばかりが作業をしたり、
普段の人間関係から「その人は出来ないから私がやるわ~」となりがちです。

あまり作業が回ってきにくい方にも
ご自分のペースで批判を受けることなく
作業をして頂くために
どんどん作業をしたい方にはついつい職員さんがしがちな開封や分配などの下準備などの細かな作業を
どんどんお願いして自分に集中して頂くなどの工夫で
全員が自分のおやつを作ることに挑戦頂けます。

認知症の進行で座っていられないという方
体調の変化で食欲や反応が低下している方
など、始める前には不安を話していた職員さん。
実際に行ってみると
ゆにしあ定番の自己紹介を覚えていて発表してくださったり
ひそかにクリームの試食をしてくださったり
最初から最後まで飽きることなく席について作業をしてくださったり
心配を吹き飛ばすように楽しくお過ごし頂けたことを嬉しく思いました。

 

DSCN9269 DSCN9270 DSCN9271
DSCN9272 DSCN9273

 

 

抹茶クリームを作るつもりが・・・
抹茶のことをすっかり忘れて袋詰めをお願いしてしまいました・・・が!
さすがは経験豊富な皆さん!
各グループでリカバリー策を考え、
袋の中でもんで混ぜるたり・・・
しぼったあとに抹茶を振りかけたり・・・
ムネカタの失敗をむしろ大成功に導いて下さいました(笑)

 

仕上げの金箔のトッピングも大好評!
ちょっとした贅沢気分を味わって頂けたようです。

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

● おいしい~
● この甘酸っぱさがいいのよね~
● 甘さも丁度良いです。
● すごい柚子の香り~ 
● 金箔だわ~すごいね~

 

終了後の振り返りでは、食リハの様子を踏まえて
普段の飲み込めない原因などについてもご質問や相談を受け、
「固形物が食べにくいのかも」
「水分と交互に食べてもらといいかも」
「ご飯とお粥をちょっと混ぜてみては?」
など具体的な対策について一緒に話をさせて頂き、
早速お試し頂ける対応案が沢山生まれました。

 

普段頑張りすぎる程頑張って悩んでいる職員さん。
食リハを通して気持ちが緩み
ちょっと違った視点で面白い可能性やアイデアが生まれ
利用者様さまの生活が少しでも楽しくなったら嬉しいなと思っております。

 

 

このような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る