「2019年06月」の記事

6/19(水)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2019年6月20日 / 健康づくり地域サポーター養成講座

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元年6月19日(水)13:50~16:00

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ1名、スタッフさま5名

  食リハサポ1

 

 

令和元年6月19日(水)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第56回を行いました。

 

第56回目のレシピはこちら

 

無題

 

果物にをふんだんに使ったフレッシュなデザートです。

 

今回も「開封する」「計る」「切る」「混ぜる」「浸す」「加える」
「すくう」「塗る」「広げる」「たたむ」
などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

沢山の種類の材料を使うため、まずはチームに分かれて下ごしらえからスタート!
人数に合わせて必要枚数に果物を薄切りします。
小刻みに包丁を動かし苺を薄切りにする様子はまさに職人さんです!

 

 

DSCN8653 DSCN8659
DSCN8666 DSCN8657

 

 

あんこを適度な硬さに練り上げたり、
ホイップクリームの泡立ても行って頂きました。
特にホイップは直ぐに泡立つ裏技と皆さんの「疲れたら交代!」の連携プレーで
見事にフワフワのあんずクリームが完成しました。

 

DSCN8664 DSCN8663 DSCN8658

 

 

材料がそろったら、包み作業です。
生春巻きの皮が渇いたり、湿ったりと取り扱いに注意が必要で時間との勝負です!
午前中にレクレーションとしてお作り頂いた見本の紙を下敷きにしながら、
盛り付けイメージを考えながら好みの果物を各々取り、
悩みながら並べ方をお考え頂きました。

何をするかわらずに迷ってしまう方には、
ラップを敷いて直接見本の紙の上に並べることで
スムーズに作業をして頂くことが出来ました。

 

DSCN8672 DSCN8670 DSCN8678

 

 

いよいよ生春巻きの皮が登場!
折り紙の様に下折したら、見本の紙のガイドに沿ってあんこ、クリーム、果物を並べていきます。
ガイドと下準備のおかげでスムーズに作業が進み、
生地が乾燥したり、水分で破れることなく綺麗に巻くことが出来ました!

入りきらなかった果物をラップに置き、巻き方を再度復習するお姿も見られました。
ぜひまたお作り頂けたら嬉しいです。

 

DSCN8683 DSCN8686 DSCN8688

 

 

バランスよく3種の果物を選んだ方、グリーンだけのこだわりのトッピング、
皿へのデコレーションとしてのトッピングなど
個性豊かは”私の”デザートが完成しました!

 

試食では求肥に似たもちもちの食感に驚きながら、
それぞれの出来栄えを称えあったり、余ったクリームを追加しながら食べる等、
雰囲気はまさに婦人会(笑)

「家でも作ろう~」という声も。

 

DSCN8693 DSCN8690 DSCN8691
DSCN8695 DSCN8696 DSCN8703

 

 

お部屋で休まれている飲み込む力が弱くなりつつある100歳のご利用者様のために
ご利用者様があんこを練ったり、果物を切って下さいました。
彩良く盛りつけられたフレッシュなフルーツたっぷりのデザートに
まきまき大福を食べ終えたご利用者様も興味深々!
食べたいな~と自然と手が伸びてきました(笑)

 

 

DSCN8699 DSCN8667

 

こちらも口を開けて待っていてくださるほど、
パクパクと食べ進み、あっという間に完食頂けました。

 

 

 

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

〇 もちもちでおいしいね~!餅のような京都のお菓子のような何とも言えないおいしさね。

〇 このクリームがおいしいですね。

〇 果物が沢山でおいしいですね。

〇 あんことクリーム、果物のバランスがいいんですね。

〇 先生が来ると楽しいことがある。次は何作るべ?

など

 

 

名称未設定15

〇 朝起きてすぐに「今日はお菓子作りがあるんです。」と伝えると、
 「ゆにしあ!」と話され、覚えていることに驚きました。
 楽しいことは覚えているんですね。

 

〇 普段は作業に入らない方がクリームを混ぜたり、
 果物を選んで自分の分を自分で作られたのにびっくりしました。
 シンプルな味しか食べない方ですが、クリームを組み合わせて、
 皆さんと自然と食べられていたことに驚きました。

 

〇 「いつもより少し早いですね。」と話し、月の開催タイミングまで
 覚えているご利用者様もいました。参加を楽しみにしている方もいるので、
 予定が調整しやすいように皆さんにも開催日が分かるように
 カレンダーなどを用意したいと思いました。

 

〇 午前中のレクとして、本番で使用する折り紙を皆さんに作って頂きました、
 予習も成果もあり、皆さん出来ていました。この紙は取っておいて、
 クレープ作りでも活用したいと思います。

など

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

6/18(火)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2019年6月19日 / 健康づくり地域サポーター養成講座

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元年6月18日(火)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま10名、試食のみの方3名、スタッフさま5名

  食リハサポ1

 

 

令和元年6月18(火)に小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第46回目を行いました。

第46回目のメニューはこちら

 

 無題

 

 

旬を迎えた山形を代表する初夏の味覚【さくらんぼ】を使って
梅雨のジメジメ感を吹き飛ばす
爽やかなシュワシュワデザートに挑戦頂きました!

 

今回も
「引っ張る」「切る」「ねじる」「移す」「計る」「混ぜる」「すりきる」
「浸す」「点火」「すくう」「並べる」「のせる」
などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

DSCN8626 DSCN8630 
DSCN8632 DSCN8636

 

 

さくらんぼは丁寧に軸と種を取り除きます。
【さくんぼの種取器】も持参したところ
初めての機会に「スゴイ~」「便利~」と大盛り上がり!
・・・でしたが、
包丁で出際よく切れ目を入れての作業が早すぎて
活躍できず・・・(笑)
道具よりも皆さんの技に軍配が上がりました。

 

DSCN8623 DSCN8622
DSCN8624 DSCN8628

 

 

甘酒のゼリーとサイダーのジュレもそれぞれ分担して2チームで下ごしらえ。
サイダーのペットボトルを開けるのは難しいかな?と思いつつ
お渡しすると・・・
「無理だな~」と言いながらも開封!

 

すりきりでの計量も
「久しぶりで上手く出来ないわ~」と言いつつ
すぐに勘が戻り、スムーズに正確に計量頂けました。

炭酸ゼリーづくりでは泡立ちにビックリされたり、
久しぶりのカセットコンロの点火にドキドキしたり、
刺激的な会となりました(笑)

 

 

DSCN8635 DSCN8640 DSCN8642

 

摘みたてのミントでも大盛り上がり!
「一つのせただけでやっぱり違うな~」
「すごい香りがいいね!」
職員さんにミントの育て方を教えてくださる中で、
お庭にある”どくだみ”などの野草についても豆知識を披露くださいました。

 

 

 DSCN8646 DSCN8649 DSCN8650

 

 

職員さんより父の日のメッセージカードが贈られ、
楽しい雰囲気の中、初夏の味覚を楽しんで頂けたようでした。

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

● 甘酸っぱい香りがするね~

● キレイだね~

● うまい~

● 温めて、冷やして、温めて、冷やしって忙しかったね~

など

 

 

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。

ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

7月の食リハも引き続き、よろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

6/12(水)に山形市さま主催の介護予防講話in西部公民館を担当しました!

2019年6月13日 / イベントレポート, 講座&講話

講座名

山形市介護予防教室

テーマ

栄養に関する講話【俺流・私流 今日をいい日にする♪暮らしのレシピ】

主催者

山形市役所 長寿支援課 予防推進係さま

日時

令和元年6月12日(水):14:00-15:30

会場

山形市西部公民館(山形市篭田1-2-23)

参加者

65歳以上の山形市民の方 4名
愛らんど地域包括支援センターの方 1名
実習生の方(大学生) 2名
山形市役所 長寿支援課 予防推進係 担当者さま 2名

 

 

 DSCN8621-2

 

 

名称未設定

 

 

1、おカラダチェック
  要介護・認知症に繋がりやすい食生活の注意点や隠れ栄養失調チェックをご紹介し、その場で皆さんに
  体験頂きました。

2、食べ方のコツ
   食べる量が少なくなっても、効率的に必要な栄養素をまんべんなく食べるための食べ方・料理のコツ・
  レシピをご紹介しました。

 

3、俺流・私流の暮らし方
  家事を引退した…料理は苦手…などの理由から、食事をお弁当や訪問ヘルパー・ご家族に頼りきり
  となっているシニアの方が増えています。
  一見食事をしっかり食べていて安心に見えますが、料理を考える⇒買い物する⇒作るために使われていた
  考える機会や体を動かす機会が減ることで、体力や意欲・認知機能の低下に繋がること、食事を自分で
  用意し続けることの大切さをお話しました。

 

 

 

 

 参加者さまからの感想(吹出)

● とても良かったです。

● 参加しないなんてもったいない!みんなにも聞かせてあげたい。

など・・・

 


少人数のため講座の中でも普段の自身の生活の工夫や疑問について
参加者さまからたくさんのご質問やご意見を頂きました。
また、講座終了後も個別にご質問をくださるなど、
ご自分の健康のために一生懸命な方ばかりでした。

 

なお、このレポートでご紹介させて頂いている画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させて頂きました。

最後に、このような機会をいただきました主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。

ゆにしあでは、地域交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣させていただいております。

ご要望やご予算に合わせて検討させていただきますので、お気軽にお問合せください。
地域向け講話のご案内

6/5(水)に特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2019年6月8日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

令和元年6月5日(水)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま10名+試食のみ4名、スタッフさま5名

 

食リハサポ1

 

 

令和元年6月5日(水)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第46回目を開催しました。

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
令和最初、第46回のメニューはこちら

 

無題

 

新茶・新緑にちなみ

お茶香り漂う和風のデザートに挑戦頂きました!

 

 

 

今回も

「開封する」「計る」「混ぜる」「挟む」「結ぶ」「潰す」「転がす」
「押す」「練る」「溶く」「注ぐ」「移す」「くすう」「浮かべる」など・・・

 

たくさんの作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

まずはおしるこのベースとなる白あん作りからスタート!
あんこ屋さんなら分けて頂く生あんに砂糖を加えて練り上げる作業は
なかなかの重労働です。

加熱しながらしっとりしたあんこに練り上げていきます。

 

DSCN8595

 

 

 

抹茶とお湯を加えて滑らかなおしるこに仕上げます。
ボールからはじけ飛ばないように慎重に・・・。
丁寧な作業でなめらかな緑鮮やかなおしるこが出来ました!

 

 DSCN8599 DSCN8600

 

 

もう1チームでは長芋を使った白玉を仕上げます。
長芋を袋に入れてめん棒で潰し、とろろにして頂きました。
普段は机に伏せている方、もめん棒を手にすると自然と手が動き出し、
しっかりと担当下さいました。

机をたたく音も混じり、和太鼓の演奏のような心地よい音がフロアに響きました。

 

DSCN8590 DSCN8591
DSCN8592 DSCN8593

 

 

 

加熱してもっちりと仕上げたらとろろ白玉が完成!
お椀に抹茶しるこをよそい、
とろろと水だけで仕上げたふわっふわのとろろ白玉を浮かべたら
完成です!

 

 DSCN8601 DSCN8602 DSCN8605

 

 

トロロで作ったふわふわのとろろ白玉はミキサー食の方まで同じものを召し上がって頂けました。
職員さんも味見して「おいしい!」と驚かれるほど、常食の方にも満足いただける味と食感に仕上がります。

 

DSCN8607 DSCN8615
DSCN8614 DSCN8616

 

 

「おいしい~」と普段は食事介助で食べられている方も
ご自分でスプーンを持たれ食べられました。

 

経管栄養の方も久しぶりに最初から最後まで作業をして下さり
料理をしたことに大満足の様でした。

 

試食の際に面会に来られたご家族さまにも一緒に召し上がっていただきました。

ご利用者さまの砂糖の加減に「あま~い。お母さんの味だわ!」と

昔を思い出しながら話をしてくだいました。

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

次回の食リハもよろしくお願いいたします。

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

 

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る