サポートCASE1 

case1

01 退院日のご自宅訪問

case-1

 

最初に、状態を見て、状態にあったレトルトの介護食を3日分ご用意。

退院してすぐに食べさせ方や料理の作り方を一度に覚えるのは大変です。

まずは、食べさせることや他の介護に慣れるため、帰ってきてからすぐは無理に作らずに、安全なレトルトをご用意しました。

 

 

 

 case2

退院してすぐは不安でいっぱい。自宅で介護なんて無理かも・・・と不安なご様子でした。
「まずはレトルトから…」とご説明すると、少し気持ちがラクになられたとのことでした。
お湯で溶くだけのレトルトのお粥は手軽でおいしいと大好評でした。


 

02 食べさせ方の練習

 とろみの付け方や食べる姿勢、一口量などマンツーマンで練習。
トレーナーが訪問しない日でも窒息や誤嚥を防ぐため、確認する機器も貸し出し。

 

case2-1

 

 case2

「看護師さんでもないのに、自分にできるか・・・」「もし、窒息したら・・・?」と不安なご様子。
一つ一つの不安を伺いながらの練習で、やれることを増やしていきました。


 

 

03 介護食づくりの練習

 食べさせ方に慣れたので、ちょっとずつ介護食の作り方を練習。

ハンドミキサーを貸し出しし、1回2品ぐらいずつ練習しました。

 

 case1-3

 

 

case2

食べさせ方をマスターし、安全に食べさせられるようになってきた頃です。
「母にもっと美味しいものを食べさせたい!」「レトルト以外で手作りもしてあげたい・・・」と介護に対して前向きな言葉が聞かれました。
お母さんからの「おいしい」や「ありがとう」の言葉を聞いて、「ちょっとずつ教えてもらいながら食べられるものを増やしていきたい」と思われるようになったそうです。


クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る