カテゴリー「食リハ」の記事

9/22㈮に特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2017年9月23日 / 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年9月22日(金)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま うらら

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ2名、スタッフさま4名

 

食リハサポ1

 

平成29年9月22日(金)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第25回目を開催しました。

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第25回のメニューはこちら

無題

 

 山形の秋に欠かせない!旬のさといもを使ってアツアツおやつに挑戦頂きました。
さといもの粘りを活かしたもっちりとした【さといも餅】と飲み込む力が弱い方向けに和風の【味噌グラタン】です。
今回も「計る」「挟む」「剥く」「潰す」「混ぜる」「丸める」「押す」「焼く」「塗る」「振りかける」などの作業をご利用者さま主体で行っていただきました。

 DSCN6461 DSCN6475 DSCN6464 DSCN6468 DSCN6474 DSCN6467

 アツアツ蒸しさといもをトングや菜箸で取り出し、皮を剥いて下さいました。
下準備で蒸しているときから、噴き上がる蒸気に興味津々だった参加者さま。
”山形の採りたての生の里芋”となれば、遠慮なんてしていられません。
大きく美味しそうな里芋を自ら選んで頂きました。

潰した里芋を丸め、ホットプレートで焼きます。
表面に塗る甘味噌も、もちろん自分たちの手で作って頂きます。
かなり甘党のご利用者様もおられ、ご自分の分を取り分けて更に砂糖を追加されました。

DSCN6477 DSCN6476

ず~とピザをしたい!とリクエストされていたご利用者様。
ピザはシニアで好みが分かれる料理なので、甘味噌かピザ風の2種類の味を作って頂けるようにご用意しました。
焼き色を確認しながら裏返したり、チーズの溶け具合を見て仕上がりを調整したりと、思い思いの里芋もちが出来ました!

DSCN6478

ミキサー食の方には味噌風のグラタンとして提供しました。
もちろん、ご自分の分の里芋はご自分で潰して頂きました!
蒸し立ての温度を感じたり、焼きあがる味噌のいい香りも楽しんで頂けたのではないでしょうか。

 

 

参加者さまのお声

○ おいしい。ピザでした!
○  味噌がしょっぱかったな。もっと砂糖を足せばよかったな。

 

名称未設定1

・ふんわりでおいしそうでした。
・こんなに少ない材料で簡単にできるんですね!やってみよう♪

など。

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

10月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

9/19(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2017年9月21日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年9月19日(火)13:50~16:30

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま13名+試食のみ1名、スタッフさま8名

 

食リハサポ1

 

 

平成29年9月19日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第37回を行いました。

今回は作っていただいたメニューはこちら!

無題

 

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「加える」「練る」「揉む」「混ぜる」「切る」「剥く」「押す」「絞る」「つかむ」「裏返す」「流す」「乗せる」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

今回はスタッフさんのご実家で穫れた秋の味覚りんごを使ったレアチーズケーキです。
職員さんお手製の説明書での予習はご利用者さまの開始前の日課になったようです。
説明書を見るだけで、
「レアチーズ大好き!」
「クリームチーズを使うんだよね?」
など、お菓子作りに精通した方のコメントが続々と聞こえてきました。

DSCN6398 DSCN6399

 

クリームチーズをしっかり練る力仕事も、協力して行うことで、とろ~りなめらかに。
ヨーグルトと混ぜてカップに流し、目の前で冷えるのを待ちます。
冷却用の水の温度もご利用者様が手を浸して確認し、
「ぬるいです。氷を足した方がいいかもしれません。」としっかり調整!

職員さんのご実家のりんご。
このままでも美味しい♪とご自分の分を切りながら、つまみ食いでも盛り上がりました。
切り方も仕上がりイメージに合わせて思い思いに選ばれました。

DSCN6400 DSCN6402 DSCN6404 DSCN6405 DSCN6406

りんごを焼く作業ではフライパンをご用意。
いつもはホットプレートですが、一人ずつフライパンを回すことで、車いすの方もご自分の分をゆっくり焦らず焼いていただくことができました。
好みの量のお砂糖を足して照りを出したら焼きりんごが完成!

DSCN6414 DSCN6415 DSCN6417 DSCN6421 DSCN6422 DSCN6429 DSCN6431 DSCN6433 DSCN6435 DSCN6436 DSCN6440 DSCN6439 DSCN6447 DSCN6446 DSCN6456

プルプルに固まったレアチーズケーキに思い思いに盛り付けて完成です!
「中にも入れたいわ!」とレアチーズの冷却中にりんごを入れるなど、小ワザも炸裂しました。

通院中で不在のご利用者さまの分もご利用者さま同士で協力して作って頂きました。
通院から戻られたご利用者さまに「おいしい?おいしいでしょう?」と嬉しそうに何度も感想を聞かれ、
「うまいな。」とスプーンが進むたびに、嬉しそうに笑顔を見せてくださいました。
誰かに食べてもらうというのも、作る喜びの一つですね。

 

ご利用者さまのお声1

〇 おいしい!ヨーグルトを入れたらさっぱりで2個は食べたいぐらいです。
〇 お店のようです。300円ぐらいに取れるかしら(笑)。ワインにも合いそうだわ。
〇甘酸っぱくておいしいりんごでした。
〇 もっと食べたかった。また作りたいです。

など

 

名称未設定1

〇 事前にテーブルに置いていた手順書を見て、メニューを見ただけで材料を思い浮かべられる方もいて
 驚きました。お菓子作りや料理作りが好きな方は普段とは意欲が全然違います。
〇 不穏で心配だった方も終始笑顔で参加ができて、安心しました。
 楽しそうな雰囲気が伝わったり、定期的にする食リハに慣れているのかもしれません。
〇 認知症が進んだと感じているご利用者様も作っていることは理解でき、自分の分のリンゴを炒められました。
〇 共同作業が自然と生まれていました。
〇 ご利用者さまが自然と気づかれて気を効かせられる場面がたくさんありました。

今回も担当者の方には丁寧にご準備いただき、スタッフの皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
担当者様の努力とそれを支えるスタッフさんのおかげで、楽しい雰囲気の中で食リハを行うことができました。
おおぞらケアセンターのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

今回もこのような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様にご許可を得まして掲載させて頂きました。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

9/13㈬におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2017年9月14日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年9月13日(水)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま12名、スタッフさま6名

 

食リハサポ1

 

平成29年9月13日(水)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第25回目を行いました。
今回は作っていただいたメニューはこちら!

 無題

塩ゆでや餅などで楽しむ枝豆ですが、今回はちょっぴりおしゃれなケーキに挑戦頂きました!

5感をフル活用する食リハ。
「ハサミで切る」「開封する」「計量する」「少しずつ加える」「混ぜる」「皮から弾く」「潰す」「選別する」「切る」「塗る」「ふりかける」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

 

 

茹でたての枝豆の香りを楽しみながら、ご自分の分の枝豆をサヤから丁寧に取り出し、それぞれ思い思いに潰して頂きました。薄皮入りにされるから、荒く潰す方、薄皮を丁寧に取ってから細かく潰す方、潰した後に薄皮を取り除く方など・・・それぞれのやり方・出来上がりイメージ・好みでずんだ作りに真剣です!

 

DSCN6359 DSCN6361 DSCN6364  DSCN6366 DSCN6368 DSCN6374

 

ご利用者さま、職員さん共に初めての方がおられましたが、職員さんも担当者さんからの事前の趣旨説明を理解して、
「ご利用者さまが主役!」をしっかりと意識して、サポートをしてくださいました。

席の配置も周りとの会話を楽しみながらも、周りが気になり過ぎない程良い距離感、席次を練りに練って考えてくださっている担当者さん・職員さんの思いを伺い、とても嬉しくなりました。
考え抜いた席次は大成功!今回は出身地域毎や性格(ちゃきちゃきさんとのんびりさん)に合わせてのグループ分けで、それぞれの能力やこだわりを最大限に生かせた回となりました。

 

DSCN6376 DSCN6372 DSCN6377 DSCN6382 DSCN6386 DSCN6387

 

味見も楽しみの一つ。洋風が苦手という男性も、枝豆を使ったレシピで満足頂けたようでした。
ずんだクリームの味見で「塩をちょっと入れるともっとうまいな~」とお話されたので、塩をお渡しし、一つまみ足して流行りの塩ケーキに!【私の】だからこそ、味付けや盛りつけを好みにアレンジできるのも食リハの魅力の一つです。

土台のロールケーキを均等に切る工程では、菜箸を使って採寸されるなど、主婦の経験・ワザが炸裂!
私たちの方が勉強になりました。

 

DSCN6392 DSCN6388 DSCN6390 DSCN6391 DSCN6394 DSCN6397

 

 

ご利用者さまのお声

〇 お店のよりおいしいです!
〇 先生が来ると楽しいです。また明日もしてほしいです。
〇 塩を足したら、甘みが引き立った!
〇 とても疲れましたが、良い運動になりました。
〇 ココアのふりかけが上手にできなくて、残念でした。恥ずかしいです。

など

 

空調の風でココアが思うようにかからず残念だったというご利用者さま。
真剣に向き合ってくださってくださったからこその悔しい思いです。
手助けして上手にできることよりも自分でして悔しい思いや失敗をすることも、本当の充実感や楽しさに繋がると思って、ぐっとこらえて、手を出しすぎず見守りしています。

 

名称未設定1

〇 ご利用者さまが「とても楽しかったです!明日もしてほしい!」とおっしゃっていました。
  わたしもとっても楽しかったです。
〇 体調不良で食欲がなく、退院後食事が進まなかったご利用者さまも楽しそうに参加し、
 ほとんど召し上がっていました。
〇  新しい職員となじめていなかったご利用者さまが今回の食リハでぐっと距離が縮まりました。
 自分の作った分を「味見して!」と差し出してくださったことを新人職員もとても嬉しかったと思います。
〇 面会に来られたご家族が参加されているご様子を見られ、「こんなこともされているんですね!」と
 とても喜んでおられました。
〇 こだわってじっくり参加頂くためにも、開始時間を守れるように誘導などの前準備を徹底したいと思います。

など

 

 

今回も職員の皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
10月の食リハもよろしくお願いいたします。
10月はお誕生会を兼ねた開催ご希望を頂きました!

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

8/29(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2017年8月30日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年8月29日(火)13:50~16:30

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま12名、スタッフさま8名

 

食リハサポ1

 

 

平成29年8月29日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第36回を行いました。

今回は作っていただいたメニューはこちら!

 無題

 

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「加える」「潰す」「まとめる」「混ぜる」「ボタンを押す」「すくう」「流す」「包む」「浮かべる」「刺す」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

今回は旬のかぼちゃの穫れたて感を、見た目でも味わっていただけるかわいい♥かぼちゃ型のようかんです。
職員さんお手製の説明書は職員さんの申し送りでしたが、今ではご利用者様の方がしっかり読み込み、誰よりも手順を理解しておられる方もいました!

DSCN6305 DSCN6306 DSCN6307 DSCN6310 DSCN6315 DSCN6311

蒸し立て熱々!のかぼちゃの皮を取り、ビニールに入れて潰します。
仕上げに使うトッピング用のかぼちゃも仕上がりをイメージしていろいろな形に切ってくださいました。
蒸しただけでもおいしそうなかぼちゃに切ったり、潰しながら味見もパクリ!
自分で作る醍醐味を満喫されました。

 

DSCN6319 DSCN6321

DSCN6326 DSCN6336

 

寒天液を作る作業では、スプーンを小刻みに動かしながら丁寧に入れる男性チームと、てきぱきとボールから豪快に入れる女性チームと同じ手順でも作業方法は対照的です。
以外にも男性は丁寧で繊細な仕事ぶりが光りました☆彡

 

DSCN6339 DSCN6343 DSCN6340 DSCN6346  DSCN6344 DSCN6351 DSCN6350 DSCN6354 DSCN6353

 

仕上がりはまさに和菓子屋さん!
常形の方のトッピングに抹茶はココアをご用意し、茶こしで振りかけてリアリティを出したり、好みの味にしたりと楽しんでいました。
皮を使ったトッピングは絵画のように芸術的でした。
飲み込みが悪い方は寒天濃度を変えて、2つの種類を作りました。
常形を食べている方もミキサー食用のかぼちゃようかんにも興味深々で、味見でそれぞれの違いを感じられていました。

 

 

かぼちゃを好まれないというご利用者さまも、ココアのトッピングやかわいい仕上がりに、「かぼちゃは好きでないんだ~」と言いながらもパクパクとフォークが進んでいました(笑)。

 

ご利用者さまのお声1

〇 本当にようかんになりましたね!しっとりとしておいしいです。
〇 味見します!うまいです!
〇ココアも合いますね。
〇楽しかった!また来てください。

など

 

名称未設定1

〇 普段かぼちゃを食べられない方も食べていました。
〇 本当のかぼちゃのような形で皆さん喜んでおられました。
〇 料理があまり得意でない初参加のご利用者様も、一つ一つの作業を丁寧にこなし、上手にできていました。
〇 目が不自由なご利用者様もわざと味見をしたり、作業を楽しまれていました。
〇  普段あまり字を読まないご利用者さまも、用意したレシピを興味深そうに読んで、次の作業の手順を
 職員より分かっておられて、驚きました。
〇 テイスティスプーンを用意したことで、気軽に味見ができ、好みに合わせた甘さに仕上げられたので良かったです。

など・・・

今回も担当者の方には丁寧にご準備いただき、スタッフの皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
担当者様の努力とそれを支えるスタッフさんのおかげで、楽しい雰囲気の中で食リハを行うことができました。
おおぞらケアセンターのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

今回もこのような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様にご許可を得まして掲載させて頂きました。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

8/23㈬特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2017年8月23日 / 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年8月23日(水)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま10名+試食のみ4名、スタッフさま3名+実習生さん3名

 

食リハサポ1

 

平成29年8月23日(水)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第24回目を開催しました。
入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第24回のメニューはこちら

無題

 

 

今回は、残暑にぴったりの爽やかなデザートです。

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「混ぜる」「ボタンを押す」「流す」「すくう」「冷やす」「かける」など、たくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

今回はしっとりした白あんを使った滑らか水ようかんと山形産ぶどうジュースのゼリーの2種類を作って頂きました。

 DSCN6282 DSCN6281 DSCN6286

白あんを練って、水ようかんから手作りします。ぶどうの爽やかさを生かすために、今回は白あんを使いました。
砂糖と塩を慎重に加減して、いい塩梅になりました!

 DSCN6283 DSCN6294 DSCN6289

 

今回は実習生さん3名を加わり、サポートの手がたくさんあったので、ご利用者様にはほとんどの作業をお願いすることができました。
そのため、後半になると疲れが出てきた様子がありましたが、自分用にカップに注ぐ作業になると、皆さん元気を取り戻し、楽しんで盛りつけをしてくださいました。
鮮やかな紫のゼリーも1杯、2杯、3杯と好みに合わせてお好きに盛りつけて頂きました。

手が不自由な方もお玉で氷をボールに移したりなど、たくさんの作業を時間をかけてしっかりと責任を持って行ってくださいました。

初めての男性参加者さんも最初から最後までたくさんの作業をこなしてくださり、大活躍のデビューとなりました。

DSCN6287 DSCN6299 DSCN6291 DSCN6298

 

参加者さまのお声

○ おいしい!
○ うまい!
○ きれいだな。

 

名称未設定1

・たくさん作業をしてくださいました。
・新規入所の方は初めての参加でしたが、こんなにいろいろできると思わず、びっくりしました。

など。

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

9月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

8/22㈫におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2017年8月23日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年8月22日(火)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま8名+試食のみ3名、スタッフさま7名、実習生さん1名

 

食リハサポ1

 

平成29年8月22日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第24回目を行いました。
今回は作っていただいたメニューはこちら!

 無題

ジメジメした空模様を吹き飛ばす、さわやかなデザートに挑戦頂きました。

 

5感をフル活用する食リハ。
「ハサミで切る」「開封する」「計量する」「少しずつ加える」「混ぜる」「ラップをかける」「皮から弾く」「縛る」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

 

あんこ屋さんから分けて頂く生あんこはいつも大好評です。
砂糖や塩で味付けるする際には、「イイ塩梅」になるか皆さん塩加減に特に気を使われ、いつも絶妙なおいしさに仕上げてくださいます。

デラウエアも終わりになり、今年最後となる貴重なぶどうをご用意しました。
味見をしながら、丁寧に皮から外し、ご自分の好みの量の白あんでオリジナル”ぶどうあん”を作りました。

 

初めて参加されるご利用者さまお二人も、これまでの家事の経験や手先の器用さを生かしながら、笑顔でご参加くださいました。
初めての方、麻痺があって作業がゆっくりの方も安心して作業に集中頂けるように、職員さんが事前に席次や隣の方との距離などを考えてくださったことで、のびのびと作業をして頂くことができたようでした。

DSCN6265 DSCN6266 DSCN6267 DSCN6270 DSCN6272

 

麻痺がある方はついつい職員さんの手が出がちです。

しかし、今回は担当者さんが、ゆにしあが事前にお渡しするオリジナルのプログラム設計シートを職員さん全員にミニサイズにコピーして配布頂いたことで、【自活】という目的を最後まで職員さん全員が意識して関わって頂き、たくさんの作業をご利用者さま主体で行うことができました。

また、麻痺のある方は麻痺のないご利用者さまから「危ない!」「なんであの人にさせるの?」という言葉を受けてがっかりすることが少なくありません。食リハはたくさんの作業あるため、麻痺がなく作業が早く終わって周りが気になってしまう方にはどんどん作業をお手伝い頂くことで、作業に集中して頂け、周りの方への過剰な干渉なども防ぐことができました。

DSCN6274 DSCN6273 DSCN6276 DSCN6277 DSCN6279

 

ご利用者さまのお声

○ おいしいです!
○ きれい!
○ おもしゃいな!(おもしろい)
○ あんこ屋さんのあんこなんだな。
○ 和菓子は家でも作ることがなかったから、楽しい!

など

 

名称未設定1

○ 麻痺があるご利用者さまが一人で集中して伸び伸び作業ができていたのが印象的でした。
 普段は周りのご利用者さまからの干渉が多いので、楽しんで頂けてよかったです。

○ 初参加の男性も終始笑顔で楽しまれていたようです。

○ 今回は事前に設計シートをコピーして職員に目的の共有を行いました。
 まだまだつい手が出てしまうこともありますが、少しずつ他のスタッフにも
  振り返りや事前準備に参加してもらえるようにしたいと思っています。

○ いつも目新しいメニューにご利用者さまがとても喜んでおられます。食リハはとても楽しいです!

など

 

今回も職員の皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
プログラムや終了後の振り返りの際には実習生さんも同席くださり、担当者さんが食リハの目的や楽しさなどを熱心にご説明くださり、とても嬉しく思いました。
ありがとうございました。


このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
9月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

7/25(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2017年7月26日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年7月25日(火)13:50~16:30

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ1名、スタッフさま9名

 

食リハサポ1

 

 

平成29年7月25日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第35回を行いました。

今回は作っていただいたメニューはこちら!

 無題

 

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「混ぜる」「ボタンを押す」「流す」「冷やす」「かける」「包む」「刺す」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

今回は爽やかなヨーグルトのゼリーに出荷が始まったばかりという初物の採りたてデラウエアをたっぷり使ったぶどうゼリーをあしらった、さわやかな1品です。ぶどうのゼリーは夏祭りの水風船をイメージしたボンボンゼリーに挑戦して頂きました!

職員さんお手製の説明書で予習をされているご利用者さまからは、スタート直後から質問が上がりました。
元お菓子職人だった参加者様からは使用する食材についても深い質問があり、さすが!とスタッフさんも驚かれていました。
DSCN6239DSCN6242DSCN6250

これまでの生活で寒天を作ってこられた経験や何度か行っている食リハの経験から、計量から加熱まですべてご利用者さまの手でスムーズに行うことができました。

そして、いよいよ主役のデラウエアの登場です!
職員さんのご実家で日曜日から出荷が始まったばかりという初物に皆さんウキウキです。
「きれい~」「おいしそう~」と目がキラキラ。
もちろん皮を外しながらの味見も楽しまれました♪
ミキサー食の方は1つ1つを皮から取り出すのは難しかったので、袋に入れて袋の上から押して頂いたところ、しっかり1粒1粒を意識しながら皮から外してくださいました。

DSCN6249 DSCN6247

 

ボンボンゼリーはラップをかけたり、輪ゴムで口を縛ったりとたくさんの細かな作業を行いましたが、ほとんどの方がご自分ででき、サポートしていた職員さんが能力の高さに驚かれていました。

氷水に冷やして待つ時間もワクワクしながら楽しまれていたようでした。

メインイベントはボンボンを割って盛り付ける作業です。
つまようじをチクッと刺せば、キラキラのぶどうゼリーがヨーグルトゼリーの上に広がり、きれいな2層ゼリーが完成です!
味はもちろん、作るのも、見た目も楽しいおやつに大満足頂けたようでした。

DSCN6253 DSCN6252 DSCN6254

DSCN6258

 

ご利用者さまのお声1

〇 きれい~
〇 最高!
〇 美味しかったです!
〇 また来てください!

など

 

名称未設定1

〇 自宅では旦那さまが奥さまのお世話をしていますが、今日は奥さまが旦那さまのお世話をされておられるのを見て、
 認知症でもまだまだできることがたくさんあることに気づきました。

〇 途中で席を立ったり、いらないということが多いご利用者さまも落ち着いて作業し、全部食べられていました。

〇 ぶどうボンボンに驚きました!とってもきれいで喜ばれていました。自宅でも真似してみたいです!

〇 いつも楽しいレシピをありがとうございます。また楽しみにしています!

など・・・

今回も担当者の方には丁寧にご準備いただき、スタッフの皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
担当者様の努力とそれを支えるスタッフさんのおかげで、楽しい雰囲気の中で食リハを行うことができました。
おおぞらケアセンターのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

今回もこのような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様にご許可を得まして掲載させて頂きました。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

7/19㈬特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2017年7月20日 / 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年7月19日(水)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま うらら

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ2名、スタッフさま4名

 

食リハサポ1

 

平成29年7月19日(水)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第23回目を開催しました。
入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第23回のメニューはこちら

無題

 

 

今回は、夏にぴったりの爽やかなデザートです。

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「混ぜる」「ボタンを押す」「流す」「すくう」「冷やす」「かける」など、たくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

今回はしっとりした白あんを使った滑らか水ようかんとパイナップルのゼリーの2種類を作って頂きました。

 

DSCN6218 DSCN6221

 

白あんを練って、水ようかんから手作りします。パインの爽やかさを生かすために、今回は白あんを使いました。
あんこ屋さんから分けてもらう白あんは見るだけでもおいしそう♪
あんこを練る作業に集中するあまり、「おいしそうでよだれが出てしまった(笑)」とみんなで大爆笑!

 

DSCN6223 DSCN6224

 

計量や火にかけないで混ぜる段階ではゆったり・のんびり作業をしていた皆さん。
ひとたびコンロにのせて火を入れ始めると、皆さんの動きも自然と変化!
手際よく、器に流したり、冷やす準備をされ、てきぱきと作業が進みました。

手が不自由な方も全員分のボールに丁寧に氷を入れてくださいました。
はじめは手で1つ1つつかみ、その後はお玉で2つずつすくい、その後はお玉で5つ程まとめてボールから滑らせるように移すと、だんだんコツをつかんで自然と作業方法がどんどん変化していきました。
これまでの経験がなせるワザですね。

 

DSCN6225 DSCN6228 DSCN6231

 

 

おひとりおひとり目の前で水ようかんが固まるのを待ち、角切りしたプルプルのパインゼリーをかけて頂きました。
パインゼリーももちろん手作り。
フライ返しを使って均等に角切りしてくださいました。

 

DSCN6235 DSCN6236 DSCN6234

 

 

参加者さまのお声

○ 満点!
○ うまくできたね~!
○ 当然うまいっだな~!

 

名称未設定1

・こんな短い時間で作れるんですね!
・おいしい~!
・普段介助で食べられる方も自分でスプーンで食べていました。

など。

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

8月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

7/6(木)おおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2017年7月9日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年7月6日(木)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま9名+試食のみ2名、スタッフさま6名、職場体験中の中学生さん2名

 

食リハサポ1

 

平成29年7月6日(木)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第23回目を行いました。
今回は作っていただいたメニューはこちら!

 無題

 夏の暑さを吹き飛ばす、さわやかなデザートに挑戦頂きました。

 

5感をフル活用する食リハ。
「ハサミで切る」「開封する」「計量する」「少しずつ加える」「こねる」「丸める」「点火」「火加減調整」「流す」「くすう」「切る」「かける」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

DSCN6199 DSCN6200 DSCN6206 DSCN6203 DSCN6208

水分を加えずヨーグルトで練った、柔らかめの白玉入りのフルーツポンチ。

庄内メロン、大森地区のブルーベリー、山形のサクランボなど、使用した果物は産地にもこだわり、山形の季節を感じて頂く工夫をしています。
目の前で加熱・冷却を行うことで、温度の変化を感じたり、出来立てを味わって頂きました。

DSCN6210 DSCN6212

白玉粉とヨーグルトを袋に入れてこねる作業は自然とお隣の方に回しながら、皆さんで作業ができていました。
以前皆さんで作ったというイチゴジャムも使わせていただき、その際の思い出話でも盛り上がりました。
目の前で白玉をゆでる作業もご利用者様にして頂きました。
クッキングシートを土台にすることで、鍋に入れやすく、柔らかい白玉に仕上げることができました。
果物も産地などを紹介しながら、大きめにカット頂き、その後各自で好みの大きさや形に切って頂きました。
食べやすく皮を削いだり、見た目重視で皮を残したりなど、思い思いにカットや盛り付けを楽しまれました。
職場体験できていた中学生さんもお部屋でお休みされた方の盛り付けを一緒に体験頂きました。

DSCN6215DSCN6216DSCN6217

ご利用者さまのお声

○ きれいです。食べるのがもったいない。

○ 食べたらなくなってしまう・・・。こんなにきれいなのに。

○ 最高だった!

○ おいしいよ~!

など

 

名称未設定1

○ 小さい包丁をサバイバルナイフ風に持ってバナナを切る男性利用者様がワイルドでしたが、危なげなく、感心しました。

○ 折り紙でハサミ使いが慣れているので、クッキングシートを切る作業はお手の物でした。

○ みなさんで作ったイチゴジャムがアクセントになってよかったです。

○ 器がグラスだときれいさが違います。

など

 

今回も職員の皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。

ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
8月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

6/27(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2017年6月28日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成29年6月27日(火)13:50~16:30

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま13名、スタッフさま8名

 

食リハサポ1

 

 

平成29年6月27日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第34回を行いました。

今回は作っていただいたメニューはこちら!

 

無題

 

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「混ぜる」「ボタンを押す」「切る」「乗せる」「かける」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

今回はキラキラの寒天と抹茶の寒天の2種を作って頂きました。
目の前で固めた冷え冷え~もちもち~の寒天に加えて、職員さん自家製のラズベリー寒天のおまけ付きの豪華版!

家でも作ったことがある寒天を使ったレシピということもあり、寒天を流すバットを濡らして剥がれやすくしたりなど、参加者さまのワザ炸裂!元和菓子職人のご利用者さまは「泡切りしないと」と寒天を流した後にできる泡を消す作業についても専門用語を使って職員さんにご説明しておられ、職員さんが驚かれていました。

DSCN6155 DSCN6149 DSCN6150 DSCN6152 DSCN6154 DSCN6158 DSCN6159 DSCN6161 DSCN6166


食リハ初参加というご夫婦も最初は不安そうでしたが、作り始めるとすぐに笑顔になり、お互いの作業に集中されたり、他のご利用者さまと協力しながら作ってくださいました。

果物もご自分でお好みの大きさや形に切って頂きました。
バナナをウサギに見立てたり、さくらんぼのジクは残し、種だけを取り出して、見た目良く食べやすく仕上げたり、黄桃は切らずに豪華に見せるなど、切り方でもワザや個性が光りました!

 DSCN6175 DSCN6174 DSCN6173 DSCN6170 DSCN6169 DSCN6168 DSCN6167 DSCN6164

 

 

 

黒豆、白花豆、うぐいす豆、ひよこ豆、金時豆など様々な豆の中から、彩や好みに合わせてトッピングし、私だけのキラキラのみつ豆が完成!
盛り切れないほどたくさんの量が出来上がりましたが、あっというまにペロリ。

黒蜜もご用意しましたが、笑顔でかける方、彩や素材の味を重視してかけない方など、食べる時までこだわりが満載でした。

DSCN6189 DSCN6186 DSCN6194 DSCN6197DSCN6191 DSCN6183 DSCN6182 DSCN6187DSCN6188

 

 

 

 

 

 

ご利用者さまのお声1

 

〇 黒豆を入れたら、締まりました。
〇 黒蜜をかけないで正解だったわ。かけるとそれぞれの味が台無しになると悪いから。
〇 美味しかった~


名称未設定1

〇 最近は不機嫌なことが多いご利用者さまも穏やかに笑顔で参加されたので、よかったです。
〇 いつもはあまり好まれないような食べ方をする方も笑顔で最後まで参加され、
 「おいしい」と完食されていました。
〇 奥様のお世話を常にしている旦那さん。今日は他のご利用者さまとの交流をしながら、
 ご夫婦共にお互いを気にせず、ご自分のみつまめ作りに集中できていました。
〇開始前まで眠気が強く、参加が難しいと思っていたミキサー食を食べられているご利用者様3名。
 始まると皆さん眠気はなくなり、たくさんの作業をご自分でできていたので、よかったです。

など・・・

普段と違い、積極的になられたり、意外な才能が見える食リハ。
一方で認知症の進行や身体機能の低下がある方もおられます。
あまり積極的に参加できなかった理由を「耳が聞こえないから何を作っているかわからないのかも。。。」などどんな作業はできて、どんな場面で不安そうにされているかなど職員さんと振り返りを行いながら、次回はどのように対応するかなどの対策をじっくり話すこともできました。

 

 

今回も担当者の方には丁寧にご準備いただき、スタッフの皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
担当者様の努力とそれを支えるスタッフさんのおかげで、楽しい雰囲気の中で食リハを行うことができました。
おおぞらケアセンターのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

今回もこのような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様にご許可を得まして掲載させて頂きました。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る