5/10(火)に小規模特別養護老人ホーム大曽根さまにて食リハを行いました!

2021年5月11日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

令和3年5月10日(火)14時~15時30分

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま うらら

参加者

ご利用者さま6名、スタッフさま2名

 

食リハサポ1

 

 

  穏やかな春の日にピッタリの和菓子です。
 
  今回も「計る」「混ぜる」「浮かべる」「つまむ」「すくう」「敷く」  

  「のせる」「折る」「のばす」「まぶす」などの様々な作業を   
  
  ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  下準備ももちろんご利用者さまに行って頂きました。

  青大豆きなこは砂糖と塩を加えて良い塩梅に。

  同じきなこをまぶす笹巻きづくりの思い出話に花が咲きました。

 





 

 

  卓上コンロを使用して

  ご自分の分の皮を一人2枚ずつ丁寧に茹で上げて頂きました。

  隣の方の作業をじっくりとご覧になっていた方は

  自分の分になると説明いらずで手際よく作業をしてくださいました。

 

 

  包む作業でも皮が破れたり

  あんがはみ出すこともなく

  キレイに成形くださいました。

  きなこをまんべんなくまぶしたら完成です!

  ミキサー食の方もご自分の軟らか八つ橋風の盛り付けをしてくださいました。

 

 

 

  ● もちもちしていておいしい!餃子の皮とは思えませんよ。

  ● うまい~うまい~(何度も何度も言ってくださいました)

  ● おいしいよ~
           
                 など

 

 

 

 

  いつも食べるがゆっくりなご利用者さまも

  ご自分でパクパク食べられ

  あっというまに完食頂けました!

  懐かしいきなこの味が気に入って頂けたようです。

 

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、

この場をお借りしてお礼申し上げます。 次回の食リハもよろしくお願いいたします。

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

 

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、

企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、

お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

4/23(金)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年4月24日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年4月23日(金)14時~15時30分

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま9名+試食のみ2名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  桜の季節にちなんだ桜が香る春のデザートです。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「流す」「分ける」     

  「切る」「刻む」「振る」「すくう」「かける」「のせる」     

  などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました

 

 

  今回はパフェの細かな材料を作るところから始めました。
  
  いちごホイップ、抹茶ミルクゼリー、桜ジュレ

  異なる作り方の3種類を手分けして自分たちでお作り頂きました。

  ホイップはジャムのペクチンの特性を生かして固まる補助はしたものの

  機械を使わずに地道に泡立てて仕上げて頂きました。

  「文明の力ないのか~?ミキサーだと早くできるべ~」

  とのご意見もありましたが

  リハビリを兼ねたおやつ作りプログラムなので

  手をしっかりと動かします。

  皆さん協力してフワフワホイップ完成です!

 

 

 

  塩抜きした桜のつぼみは飾り用を数えて取り除いたら、

  軸を取って一つ一つ丁寧に刻んで頂きました。

  ジュレに加えると桜吹雪のように花びらが広がって・・・

  「わ~」と歓声が上がりました!

  それぞれの材料を冷却したら準備OK!

 

 

 

  いよいよ盛り付けタイム!

  お手本を参考にして

  お一人お一人が思い思いに盛り付けて頂きました!

 

 

 

 

 

  ● 冷たくてうまいな~。オレは抹茶のだけでいいんだ。

  ● この時期に桜茶飲んだな~。なつかしいな~。そんな季節なのね~。

  ● うまいな~。おかわり!

                       などなど

 

 

  食欲が無かったミキサー食の方もおかわりの声を上げる等

  大満足頂けたことを職員さんが喜んで教えてくださいました。

 

 

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



4/21(水)におおぞらケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年4月24日 / 講座&講話, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年4月21日(水)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさま

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ2名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  桜の季節にちなんだ桜が香る春のデザートです。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「流す」「分ける」     

  「切る」「刻む」「振る」「すくう」「かける」「のせる」     

  などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。
 

 

 

  今回はパフェの細かな材料を作るところから始めました。
  
  いちごホイップ、抹茶ミルクゼリー、桜ジュレ

  異なる作り方の3種類を手分けして自分たちでお作り頂きました。

  ホイップはジャムのペクチンの特性を生かして固まる補助はしたものの

  機械を使わずに地道に泡立てて仕上げて頂きました。

  それぞれ混ぜる作業だったので

  ご利用者さまを手を休ませる暇もありません。(笑)

 

 

 

  塩抜きした桜のつぼみは飾り用を数えて取り除いたら、

  軸を取って一つ一つ丁寧に刻んで頂きました。

  ジュレに加えると一気に華やかさがアップ!
  

 

 

 

  しっかりと冷やし固めたら、下ごしらえは終了!

  いよいよ、盛り付けタイムです。

  お手本を参考にしながら

  お一人お一人お好きな量を好きな盛り付けで仕上げです。

 

 

 

 

 ● おいしい~♪沢山盛っちゃった!

 ● 甘すぎずにおいしいわ。

 ● 機械ではこうはいかないね!

 ● 桜の花びらはもう少し塩を抜くとよかったな。次はそうしよう。

                     など

 

 

  開始前には帰宅願望が強かった方が落ち着いて作業に集中されたり

  退院したばかりの方も途中参加で大活躍頂けたことなど

  職員さんにとっても嬉しい出来事が沢山あった回になったようです。

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



4/6(火)に小規模特別養護老人ホーム大曽根さまにて食リハを行いました!

2021年4月7日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

令和3年4月6日(火)14時~15時30分

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま ひなた

参加者

ご利用者さま9名、スタッフさま3名

 

食リハサポ1

 

 

  暖かくなり、桜のつぼみが少しずつ開いてきた春にぴったりの和菓子です。
 
 
  今回も「計る」「混ぜる」「浮かべる」「つまむ」「すくう」「敷く」  

   
  「のせる」「折る」「のばす」「まぶす」などの様々な作業を   
  
  ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  下準備ももちろんご利用者さまに行って頂きました。

  青大豆きなこは砂糖と塩を加えて良い塩梅に。

  あんの開封や絞り出しもご利用者さまの手で。

 

 

  卓上コンロを使用して

  ご自分の分の皮を一人2枚ずつ丁寧に茹で上げて頂きました。

  

 

 

 

   あんを丁寧に包んで
   
   たっぷりときなこをまぶしたら完成です!

 

 

 

  ● 餅なの?と不安そうでしたが、食べると・・・「うまい~」

  ● 美味しかったね~
 
  ● もっと食べたかった~

  ● 先生たちが来ると楽しいことがある♪

  ● 大変美味しいものを頂きました!

                  など

  

 

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、

この場をお借りしてお礼申し上げます。 次回の食リハもよろしくお願いいたします。

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

 

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、

企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、

お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

3/26(金)におおぞらケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年3月27日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年3月26日(金)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさま

参加者

ご利用者さま11名+試食のみ2名

スタッフさま5名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  桃の節句にちなんだ春らしい和菓子です。   

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「流す」「のばす」「裏返す」     

  「絞る」「折る」「切る」「包む」「のせる」「転がす」「巻く」     

  などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。
 
   硬い牛乳パックの開封作業、細かな苺のヘタ取り作業、割卵など   

  たくさんある下ごしらえも分担しながらどんどん進みます。

  包丁さばきは流石!長年のご経験が光ります!

 

 

 

  苺が香る生地は薄く伸ばしながら1枚1枚丁寧に焼いて頂きました。

  焦らずじっくりとフライパンを動かすことで

  キレイな丸のモチモチの仕上がりに!

  気付けば40分も立ち上がって作業していた!という方も。

 

 

 

  仕上げの包み作業ももちろんご自分の手で!

  ニット編みのお仕事をされていた方は

  昔を思い出して楽しそうにお話されていました。

  襟飾りの合わせ方などについてみんなでアレコレ話すのも

  楽しみの一つです。

  お雛様をどう立たせるか?

  試行錯誤しながら

  あんこやいちごを調整して形を整えて完成です!

 

 

 

 

  ● かわいらしくて食べるのがもったいない~飾っておきたい!

  ● 食べて腹に飾っておこう!

  ● 生地がもちもちでとってもおいしい~

  ● お腹いっぱい~おいしかったです。

                          など

 

 

  普段はぶつかってしまうことが多い利用者様同士も

  料理を通して和んだり

  消極的で何でも譲ってしまうご利用者様が

  積極的に参加されるなど

  スタッフさんのフォローや沢山の調理作業のおかげで

  いつもと違ったご利用者様のお姿が沢山見られた回となりました。

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



3/23(火)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年3月23日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年3月23日(火)14時~15時30分

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま8名+試食のみ3名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  桃の節句にちなんだ春らしい和菓子です。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「流す」「のばす」「裏返す」
  
 「絞る」「折る」「切る」「包む」「のせる」「転がす」「巻く」
 
  などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  硬い牛乳パックの開封作業、細かな苺のヘタ取り作業、割卵など

  たくさんある下ごしらえも分担しながらどんどん進みます。

 

 

 

 

  焼きの作業はまんべんなく火が通るように

  フライパンを回したり

  ずらしたりしながら

  全く焦がすことなく綺麗に仕上げて頂きました。

  それぞれご自分用に思いを込めて丁寧に焼き上げてくださいました。

 

 

 

  仕上げの包み作業ももちろんご自分の手で!

  お人形作りやお雛様飾りを思い出い出されたのか

  襟飾りも綺麗に巻き上げてくださいました。

 

 

 

 

 

  ● おいしい~

  ● お雛様になったね~

  ● 着物が花柄みたいで綺麗~

             など

 

 

  笑い声が溢れる楽しい回となりました!

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



3/19(金)に小規模特別養護老人ホーム大曽根さまにて食リハを行いました!

2021年3月22日 / 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

令和3年3月19日(金)14時~15時30分

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま9名、スタッフさま2名

 

食リハサポ1

 

 

  桃の節句にちなんだ春らしい和菓子です。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「流す」「絞る」「切る」
  
  「包む」「のせる」「潰す」「転がす」「すくう」 などの様々な作業を

  ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

 

  普段はミキサー食を召し上がっている方や食事介助を受けている方も

  いちごと包丁を目の前に置いてお声がけすると

  上手にヘタを切り落して下さいました。

  普段は経管栄養の方も

  袋に入れたいちごを潰したり

  シェイカーに入れたミルクプリンを混ぜて頂くなど

  たくさんの作業を手伝って頂き

  ユニット全員のご利用者さまにご参加頂くことが出来ました。

  

 

 

 

  「手が痛い~」「出来ない~」とお話されていた方も

  道具選びや配置の工夫で

  見本を見ながら仕上げのデコレーションもご自分の手でして頂けました。

 

 

 

 

  ● あ~お雛さまになるんだな~
 
  ● 綺麗~(真っ赤な苺を見て)

  ● 焦げたな~(笑)

  ● これはいいな~上手く焼けたな~

  ● おいしいよ~

                など

 

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、

この場をお借りしてお礼申し上げます。 次回の食リハもよろしくお願いいたします。

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

 

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、

企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、

お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

2/26(金)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年2月27日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年2月26日(金)14時~15時30分

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま9名+試食のみ1名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

   ちょっぴり遅れてバレンタインにちなんだチョコスイーツです。

   今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「割る」「折る」
     
   「敷く」「流す」「被せる」「押す」「裏返す」「切る」「刺す」
  
   「振るう」「絞る」「振りかける」

   などの様々な作業を、ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

   細かな作業が沢山ある生地作り。

   割卵、バナナ潰し、計量など、分担しながらテキパキと

   作業をこなして下さいました。

 

 

 

  型に生地を流してバナナを敷き詰めます。

  2チームそれぞれの厚さのカットでしたが

  厚さは均一で丁寧な仕事ぶりが光りました。

  計ったようにぴったり綺麗に敷き詰められました。

 

 

 

  あとはじっくりと焼き上がりを待つだけ・・・

  フライパンを回して均等に火が入るように調整してくださるのは

  家でもお菓子を作っていたという男性利用者さま。

  焼きのポイントについて解説してくださるなど、

  経験とセンスが溢れていました。

  焼きあがったらカットして、それぞれトッピングに移ります。

 

 

 

  カットやトッピングも各チームで個性が出て、全く別の仕上がりに!

  どちらもケーキ屋さんに負けない

  素敵な逸品になりました!

 

 

 





 

  ● また楽しみにしています!

  ● おいしかったよ!まる!

  ● 結構でした!

 

 

  「今日は研究者が沢山いるな~」と感想が出るほど、

  ご利用者さまそれぞれがこだわりを話される機会が多く、

  活気あふれる賑やかな会となりました。

 

 

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



2/25(木)に地域の居場所みんなこ家(え)さまにてプチ料理講話を担当しました!

2021年2月25日 / イベントレポート, 講座&講話

テーマ

~俺流・私流~今日をいい日にする♪暮らしのレシピ

主催者

特定非営利活動法人(NPO)法人まちづくりいいで さま

日時

2021年2月25日(木) 10:00~12:00

会場

地域の居場所みんなこ家(え)さま

参加者

地域の居場所みんなこ家(え) ご利用者さま 12名
特定非営利活動法人(NPO)法人まちづくりいいで 事務局さま 3名

 

 

   毎週木曜日に飯豊町のご高齢の方が集まる場
  
   「地域の居場所みんなこ家(え)」さまにお邪魔して

   1品で栄養満点の

   まるごと炊き込みご飯&まるごと和風チャウダーの2品を

   一緒に作りながら

   おからだチェックや元気を続ける食べ方のコツなどについて

   ご紹介させて頂きました。

 

 

  普段使わないというカット野菜や缶詰に皆さん興味深々!

  ただ開けて入れる便利アイテムを駆使して

  炊飯器とカセットコンロだけであっという間に2品が完成しました。

 

 

 

 

 

  ● 心までふくよかになれました♪

  ●  アサリの缶詰がいい味だしてるんだね~。

  ● 具が沢山でおいしいね~。

  ● 薄味だけどおいしいね!

  ● 見たことない料理でびっくりしたね。

  ● 冷凍庫に沢山トマトがあるからやってみよ!

         など・・・


  休憩の合間にもお体のお悩みについてご質問を頂きました。

  明るくパワフルな飯豊町の皆さん

  またお会い出来たら嬉しいです!

 

 

 

今回このような機会を頂きました、主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。
このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させていただきました。

ゆにしあでは、地域の交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣をさせて頂いております。
『体験』を取り入れた内容なので、いつもと違った楽しさがあると感想を頂いています!
地域向け講話のご案内

2/24(水)におおぞらケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年2月24日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年2月24日(水)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさま

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ2名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

   ちょっぴり遅れてバレンタインにちなんだチョコスイーツです。

   今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「割る」「折る」
     
   「敷く」「流す」「被せる」「押す」「裏返す」「切る」「刺す」
  
   「振るう」「絞る」「振りかける」

    などの様々な作業を、ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

   生地作りからスタート。

   開封、計量、割卵はお手の物!

   3グループともどんどん作業が進んでいきます。

   トッピング用のスライスバナナと生地に練り込む潰しバナナも

   スタンバイOK!

   粒を指で感じながら丁寧に潰してくださいました。

 

 

 

 

   型もアルミホイルを使って手作り。

   穴が開いたりと苦戦しながらもキレイな四角い型が完成!

   生地を流してバナナを敷き詰めで弱火でじっくりと焼いて行きます。

   焼き具合や時計と色合いを見ながら微妙な火力調整を続けてくだいました。

 

 

 

 

   裏返しもまな板やフライ返しを駆使して崩れることなく大成功!

   竹串で焼き加減を確認して完成!と思いきや・・・

   カットしてそれぞれのトッピング作業へ移ります。

 

 

 

 

   三角、角切り、カット無しなどそれぞれのイメージや好みに合わせて
  
   カットやトッピングをして完成です!

 

 

 

  ● 美味しかった~!うちのトースターでも出来るかしら?

  ● 卵をもう一個入れるともっとうまいかもな~(料理が得意な男性利用者さま)
 
  ● 6等分!?4等分でも食べられるわよ~

  ● きれい~お店のみたい♪

                            など

 

 

   終了後の担当職員さんとの振り返りでは、

   いつも以上に普段との違いを感じられたと嬉しい感想が沢山!
  
   コロナ禍にも負けないパワフルなご利用者さまと一生懸命なスタッフさんの

   熱い思いに話が尽きませんでした。

   「○○さんがこんなことで来てました!嬉しいですね!」

   「あの3人が協力して作業しているのを見て感動しました!」

   「○○さんの元気につられて○○さんと○○さんも積極的でしたね!」

   など・・・普段の生活では見えないご利用者さまの「出来る」を

   沢山見つけてくださり、喜びと感動に溢れた回となりました。

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


【 ゆにしあLINE公式アカウント 】
LINEで気軽にお問合せ、変更連絡などが出来るようになりました!

友だち追加

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。


TOPへ戻る