11/11(月)に特養大曾根様にて食リハサポートを行いました!

2016年11月15日 / 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成28年11月11日(月)14時~16時

会場

特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま10名+試食のみ3名、スタッフさま4名

 

食リハサポ1

 

平成28年11月11日(金)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第15回目を開催しました。
入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第15回のメニューはこちら

 

無題

 

 

今回の参加者様は普段は「常食」「キザミ食」「ミキサー食」などそれぞれのお食事を召し上がっておられます。
「見学」となってしまいがちなミキサー食の方にも、しっかりとご参加頂けるのが、ゆにしあの食リハサポートの自慢ポイントです!

参加者様の「できること」「食べる力」に合わせて、調理工程や仕上がりを工夫しているため、皆さんに楽しく!そしておいしく!を体験頂けます。
今回は、「押す」「握る」「揉む」「計る」「注ぐ」「泡立てる」「盛り付ける」など、沢山の作業をご利用者様主体で行っていただきました。

 

 DSCN5374

今回は蒸したてアツアツのかぼちゃを袋に入れて、布巾の上から揉み揉みと粒々がなくなるまでしっかりと潰していただきました。
固い牛乳パックの開封作業や材料の計量ももちろんご利用者さまにお願いします。

ジャムを入れる事で短時間で泡立つ裏ワザを使いつつ、生クリームも皆さんだけでホイップしていただきました。
「なんだか重くなってきたな~」と固まってきたことを感じながら混ぜられていました。

DSCN5378 DSCN5383 DSCN5384 DSCN5385

 

今回は「生クリームは袋に入れて絞りたい!」「私が混ぜるから入れて!」など、ご利用者さま自信が次の作業の目星を付けて、進んで作業してくださったり、作り方のアイデアを出してくださいました。

逆に袋でクリームを絞ることをお勧めすると「私はやったことないから、スプーンでいいです。」としなれた方法を自ら選ばれる方もおられました。

また、これまでは見ているだけで手を出そうとされなかった男性のご利用者さまも、目の前で見本をお見せすると笑顔でクリームを混ぜたり、ジャムを計量してくださり、こちらの方が「してくださった~」「上手です~」と思わず大きな声で喜んでしまいました(笑)

DSCN5386 DSCN5389

 

 

クリームの絞り方やカラメルソースの量などお好みでトッピングされ、「私だけの」プリンができました!

DSCN5392 DSCN5391 DSCN5394

 

ご利用者さまのお声1

●おいしかった!

●ほろ苦いのがおいしい!

●前回の白いの(レアチーズのことを覚えていてくださいました!)は甘かったもんね。
 今回のはおいしかった。

●面白かったです。今度はピザをしてください!

など

感想だけでなく、リクエストまで頂きました。

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

12月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

コメントは停止中です。

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る