12/6(木)に東根市にて介護予防講座の講師を担当しました!

2015年12月11日 / 講座&講話

テーマ

介護予防教室「もっとげんき教室」 ~楽しく!元気に!暮らすために~元気で暮らす健康のコツ

主催者

東根市地域包括支援センターさま

日時

2015年12月10日(木)10:00~11:30

会場

東根市大富荷口地区 荷口公民館

参加者

東根市大富荷口地区高齢者学級 21名+スタッフ3名

平成27年12月10日に東根市大富荷口地区で東根市地域包括支援センターさん主催の介護予防教室にてお話をさせて頂きました!
ご参加頂いた方々は、同地域で暮らす顔なじみでもありますので、とてもリラックスした雰囲気の中で講座をさせて頂くことができました。

IMG_9136 (1)

講座内容

自宅介護の現状
○食べ力チェック 
〇その場ですぐに出来るおカラダのチェック
○今日からできる食べ方のコツ  など

自宅介護の現状では、自身が介護が必要になった場合や介護をしなければならなくなった場合のリアルな実状を知ることで、健康で暮らす期間がいかに大切かを自分自身に起こる事として実感して頂いたようでした。
「ほだいも(介護されるのもするのも)やんだなぁぁぁ~(嫌だなぁ~)」
「(介護をされる期間は)思っていた以上に長いな・・・」
「お父さん(旦那さん)が私ばなの(私をなんて)看れねな(介護できないな)・・・」
「いやいや・・・世話かけたくないな~」
あちらこちらでお隣同士、本心がポロリと口をついて出ていました。

また、普段の生活の中では気づきにくい「食べる力」を簡単にチェックできるポイントをご紹介させていただきました。
「俺、当たるのほとんどだ・・」
「かんねぐ(食べられなく)なってるのは、こういう事が」
「なーんもしねーで(何にもしないで)良いと思ってたからな」
食べ難くなっている理由が、「歳のせいだ。そういうもんだ。」と気にしないでいた方が多かったようで、思いもかけない発見となった様子でした。

その場ですぐに出来るおカラダチェックでは、専用のメジャーを目にされて
「何さ使うんだ?」
「なんだべ?(何だろう)」
「見だごとないな(見た事ないな)」
と始まる前から皆さん興味を持って頂いていました。

IMG_9116


実際に体験測定してみると・・・
『裏返しだか?合ってんのか?』
『俺、大丈夫でないみたいだ・・・ちょっと見てけねがー(見てくれないかー)』
『こなんに太くて良いのか??』
『男も女も一緒なんだか?』
『○○ちゃんのバッチリみたいだな!』
など、大盛り上がり!も大盛り上がり!

今日からできる食べ方のコツでは、
必要な栄養素やおウチで簡単にできる食べ方のコツ、歯の大切さや食べる量の目安などについて、参加者の方とお話をしながらご紹介しました。
どんどん身近にある「○○○○食」が出てきました!これなら皆さん、今日からできる事間違いなし!でした。

今回、男性の参加者の方も多く感想の中で
・「できぬ」といよりも「しなければならない」と思った。
・自分の為になるから「頑張ってやる」よ
・少しずつやります
・高齢なので完全には自身がないけども少しなら出来そうだ
といった前向きな声を寄せて頂きました。

一緒に参加して下さった館長さんからは
「解りやすく教えて頂いたので、頂いた料理(レシピ)は過ぎにしたいです!」
「材料で○○はこれでも良いんですか?」
「味付けは〇〇でも良いですか?」
などなど、早速実践してみる!意欲満々な感想を頂きました。

女性の方からは、
・健康のための食事や食材の買い方に気をつけて頑張りたい!
・料理や食事は、頭の体操にもなるのね!それじゃ、続けなくちゃね
・良い話でしたので、来年もまた来てもらいたい!
と日々の家事について、続ける理由もちゃんとある事がわかって下さり、講座の終わりは皆さん良い表情をされていました。


今回このような機会を頂きました、東根市地域包括センターのみなさまには、この場を借りてお礼申し上げます。
このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、東根市大富荷口地区の参加者様にご許可得まして掲載させていただきました。


ゆにしあでは、地域の交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣をさせて頂いております。
『体験』を取り入れた内容なので、いつもと違った楽しさがあると感想を頂いています!
地域向け講話のご案内

コメントは停止中です。

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る