4/8㈪に特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2019年4月12日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成31年4月8日(月)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま9名+試食のみ5名、スタッフさま6名

 

食リハサポ1

 

 

平成31年4月8日(月)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第44回目を開催しました。

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第44回のメニューはこちら

 

無題

 

春が旬のいちごを使ったデザートに挑戦頂きました!

 

今回も
「開封する」「計る」「混ぜる」「移す」「切る」「もむ」「押す」
「回す」「つまむ」「注ぐ」「移す」「かける」など・・・

たくさんの作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

まずは生地作り。
クリームチーズを練って軟らかくしたら、生クリーム。ヨーグルト、お砂糖などの材料を加えながら
丁寧に混ぜていきます。
いつもは机に伏せている方も、両手を使って揉むなどやる気十分!
やる気があり過ぎて袋を投げ飛ばす方も・・・。
丁度良い大きさでつい投げたくなる方には、袋の上を持ってぶら下げた下の部分をお出しすると、
丁寧にもみ込んでくださいました。

 

DSCN8422  DSCN8418

 

 

寒天の粉を溶かしたら、あとは器に流して氷水で冷やします。
カセットコンロを使ってその場で仕上げます。
移したり、混ぜる作業ももちろんご利用者様にして頂きました。

 DSCN8420 DSCN8423 DSCN8424

 

 

いちごのヘタを切り落とし、潰して苺のジュレを作りました。
美味しそうな苺に思わず味見する方も(笑)
これも手作りの楽しみです。
固まったレアチーズケーキに苺のジュレをかけたら完成です!

 

DSCN8413 DSCN8426 DSCN8429

 

 

それぞれ自分好みの量のジュレをかけて頂きました。
中には苺のジュレをかけずにレアチーズを楽しみたいという方もおられます。
最後の仕上げを自分ですることで味の違いが生まれます。
異なる2つの味と食感を楽しめるデザートです。
あっという間に完食頂けました。

 DSCN8431 DSCN8432 DSCN8433

 

 

 

職員さんも入れ替わりはありましたが、いつもより多くの方がご参加頂いたことで、
ご利用者様も大活躍の機会が沢山生まれました。
いつも以上に笑い溢れる楽しい会となりました。

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

・おいしいな~
・私はもう少し固めでも好きだな~

など

「あ~」と名残惜しそうに空の器をスプーンで何度もすくう様子があり、
美味しく食べて頂けたようでした。

 

 

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

コメントは停止中です。

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る