8/6(金)に河北町介護予防教室を担当しました!

2021年8月26日 / イベントレポート, 講座&講話

テーマ

今日を良い日にする♪暮らしのレシピ
 ~夏バテ予防の食事&夏の火いらずレシピ~

主催者

河北町役場健康福祉課高齢者福祉係さま

日時

2021年8月6日(金) 10:00~11:00

会場

どんがホール 多目的まちかどホール

参加者

健康づくり推進員の方 10名
河北町役場健康福祉課高齢者福祉係 担当者さま 2名

 

 

 

 

kouzanaiyou

● 脱水チェツクと予防のコツ
● 夏場の暮らし方
● 火いらずレシピ

 

 

 

ご高齢の方の低栄養を防止する一環として、全4回の連続教室として介されます。
今回はそのうちの第1回目でした。
特に夏場の時期は食欲もなくなり、台所作業をすることも億劫になりがちです。
そんな時、何もせずに放置すると知らない内にフレイルの状態に陥り、
寝ている方が楽という事態になりかねません。
新型コロナウイルス感染予防として、健康づくり推進員の方のみ対象にした講演会となりました。

 

夏場に気を付けたい脱水症対策として、自分自身の脱水チェックから、
脱水にならないための水分補給のコツ、
知ってて損はない「飲む点滴」のレシピ紹介もさせて頂きました。
夏場の暮らし方として、食欲や体力維持にも繋がる自活のススメについてお伝えしました。
また、今年は例年以上に暑いので、台所に立つのもシンドイ方も沢山いらっしゃると思います。
そこで、上手に市販品を活用したりしながら、
火を使わずに出来る栄養満点レシピをご紹介しました。
ロコモとはその略称です。

 

感染予防対策を行なった中での開催で、
調理や試食は出来ませんでしたが、
終了後には熱心に質問をしてくださいましたので、個別に対応させて頂きました。

 

次回は9/27に溝延地区にお邪魔する予定です。
テーマは「骨を丈夫にする食事」です。お楽しみに!

 

 

今回このような機会を頂きました、河北町役場健康福祉課高齢者福祉係のみなさまには、この場を借りてお礼申し上げます。
このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させていただきました。

ゆにしあでは、地域の交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣をさせて頂いております。
『体験』を取り入れた内容なので、いつもと違った楽しさがあると感想を頂いています!
地域向け講話のご案内

8/25(水)におおぞらケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年8月26日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年8月25日(水)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさま

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ2名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  ジメジメした蒸し暑さを吹き飛ばす

  冷たいさっぱりデザートです。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「注ぐ」

  「分ける」「剥く」「切る」「のせる」など

  様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  まずはコーヒーゼリー作りからスタート

  コーヒー、砂糖、ゼリーの素などを正確に計量し

  ダマにならないように丁寧に混ぜて火にかけます。

 

 

 

  器に流して目の前で固まるのを待ちます。
 
  待ち時間も休憩・・・とはいきません(笑)

  トッピングのホイップクリームの泡立てを行って頂きました。

  容赦ないゆにしあではホイップ作業も機会を使いません!

  ホイップを早く泡立てる裏ワザ「ジャム」を入れつつ

  協力してご利用者様の手だけでホイップが完成しました。

 

 

 

 

  
  固まったコーヒーゼリーに好みの量のホイップクリームを盛り付け

  各自お好みの大きさに砕いたビスケットを振りかけたら完成です!

 

 

 

 

  ● ホイップクリームがチーズケーキみたいで美味しい!

  ● あと3杯食べたいわ~

  ● どんぶりいっぱい食べたいぐらい!

  ● 普通の生クリームと違っておいしい。マーマレードが効いてますね。

                     など

 

 

  器が綺麗になるほど丁寧に食べて頂けました。

  気分の浮き沈みや席などの配慮を頂きながら

  それぞれのペースに合わせて作業頂けました。


 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



8/17(火)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年8月19日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年8月17日(火)14時~15時30分

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ3名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  暑さが落ち着いたお盆過ぎにぴったりの

  しっぽり大人のデザートです。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「注ぐ」

  「分ける」「潰す」「かける」「振る」など

  様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  まずはコーヒーゼリー作りからスタート

  コーヒー、砂糖、ゼリーの素などを正確に計量し

  ダマにならないように丁寧に混ぜて火にかけます。

 

 

 

  氷の用意もご利用者様の手で。

  器の間に丁寧に敷き詰め

  ゼリーが固まるのを今か今かと待ちます。

 

 

 

  固まるのを待つ間はトッピングの用意。

  力を合わせてホイップクリームを作ります。

  「疲れた~」という方

  「まだまだ平気!」という方

  皆さんそれぞれの体力に合わせて混ぜていきます。

  各自で好みの大きさに砕いたチョコクッキーを振りかけて

  完成です!

 

 

 

 

   ● おいしい!

   ● もっと甘くてもいいな~

   ● 甘さも丁度いいよ~

   ● 大変結構なお味でした!

   ●  歯がなくても食べられたよ!
   
   ●  おいしい~もうないの?もっと食べたいよ~
  
                        など

 

 

 

 

  皆さんペロリと完食頂きました!

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



8/3(火)に【どんなときでもいきいき生活講座②】を担当しました!

2021年8月4日 / イベントレポート, 講座&講話

 

講座名

赤い羽根共同募金配分金事業
どんなときでもいきいき生活講座②

テーマ

おうちごはんを楽しむ食卓応援料理~料理初心者男子もチャレンジ~
発想転換!料理がラクになる 置き換えのコツ♪
~包丁いらずレシピ~

主催者

南山形地区社会福祉協議会さま

日時

令和3年8月3日(火)10:00-12:00

会場

南山形コミュニティセンター 調理室・研修室

参加者

16名+事務局様6名

 

一昨年まで3年間実施し、大人気だった「毎日の食事から考える健康な生活づくり講座」が終わりを迎え、昨年より大好評だった講座を更にパワーアップして開催しております。
高齢者家庭、単身家庭、障がいや介護・子育てなど様々な環境の中で変わりゆく毎日の生活。そんな中でどんな時でもイキイキと楽しく生活していくための知恵を身に付けて欲しい・・・との思いで企画がスタートしました。
「どんなときでもいきいき生活講座」
普段の生活に簡単にちょこっと取り入れて、毎日の生活が何だか楽しくなっちゃう・・・そんなコツや工夫をご紹介します。
新型コロナウイルスの感染を予防するために「少人数」「短時間」「お持ち帰り」というこれまでの料理教室のスタイルから一新した、新しい講座です。

 

 

 

 

 

 名称未設定

 

・振り返り

 

・発想転換!料理のラクテク

 

 「料理が面倒」という人は実は几帳面で作業が多いという場合があります。
  今回は時間や労力をかけずに料理をするための
 品数、道具、工程を減らす方法や便利アイテムをご紹介しました。

 一昨年までのゆにしあの講座では、隣の方と楽しくおしゃべりしながら進めるのですが、
 感染防止のため、昨年に引き続き各自作業。
 一人ひとりの調理は道具や材料配分が細かく時間がかかりますが、
 昨年や前回の経験から役員さんの準備もばっちりで
 40分程で2品が完成しました!

 

 

 

   ① 大人の香ばし目玉焼き丼

   ② 叩いて簡単!!長芋胡瓜の梅かつお和え

 

 

 

 

 





 

  ● 目玉焼きなのにこんなご馳走になるんですね!

 ● 講話で紹介していたチョッパーはどこで売っていますか?

 ● 食中毒を防ぐために、帰りが遅い家族がいる時カレーはどうやって温めるといいのですか?

 ● 簡単だと思っていた「目玉焼き」が意外と人によっては作り方も違うので
    奥が深いと思いました.

  ● 目玉焼きは、毎朝作りますが人前で作ると緊張しました。
 
 ● 目玉焼き丼、とても美味しそうです。

 ● アスパラ以外に、どんなものが合いますか?
  ➡ 時期的に、夏野菜の「インゲン」「甘唐辛子」「ピーマン」「ナス」など
   参加者の方からも合いそうな野菜の名前が小声で出ました

 ● ごはんは、味付けにしても良いんですか?
  ➡ ケチャップを加えたり、今は「トウモロコシ」を混ぜたりしても良いですよ!

 ● 味付けは、醬油以外でも良いんですかね?
  ➡ ウスターソース、塩こしょうでも美味しそうだよね!とペアの方からアレンジ案も出ました。 

                      など


おしゃべりがワイワイとは行きませんが、皆さんの楽しさがマスクで隠れた表情や身振りから溢れていました。

また次回も早く申し込みしないと!と帰り際にお友達同士で話をしていました。

簡単でも、工夫次第でグレードアップする事も出来映えから感じたり、

教わったキッチングッズや用品を使うとより下ごしらえや片づけも

楽に出来るという事も体験できたようでした。

                  

 

 

 


なお、このレポートでご紹介させて頂いている画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させて頂きました。

最後に、このような機会をいただきました主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。
事前準備、当日、終了後も丁寧にご対応頂き、ありがとうございました。


ゆにしあでは、地域交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣させていただいております。
ご要望やご予算に合わせて検討させていただきますので、お気軽にお問合せください。
地域向け講話のご案内

8/4(水)に小規模特別養護老人ホーム大曽根さまにて食リハを行いました!

2021年8月4日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年8月4日(水)14時~15時00分

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま ひなた

参加者

ご利用者さま10名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  38℃に迫る猛暑にぴったりの

  さっぱりとした夏のデザートです。

  

  今回も「計る」「混ぜる」「流す」「こす」「移す」「分ける」  

  「数える」「のせる」「かける」などの様々な作業を   
  
  ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  まずは梅寒天とトッピングの用意からスタート!

  計量や加熱はもちろん
  
  缶詰やパックジュースの開封などの力がいる作業も

  ご利用者様の手で。

  普段することが無い細かな作業や力がいる作業も

  どんどんこなしてくださいました。

 

 

 

  梅寒天液を沸騰させたらグラスに注ぎ

  氷水を張ったバットに沈めて固まるのを待ちます。

  半分程固まったらお湯に浸して軟らかく仕上げた甘納豆と

  色鮮やかな国産みかん缶を飾ります。

 

 

 

  最後は黒みつ作り。
  
  黒糖を弱火で煮詰めて冷まし

  つやつやの仕上がりに!

  それぞれご自分の分にお好みの量の黒蜜をかけたら完成です!

 





 

 

 

  ● 次はいつですか?
   3か月なんて言わないで、もっと早く来てもらっていいです!

  ● おいしい~

  ● 美味しいものはすぐなるなるよ~

                    など


  あっという間に皆さん綺麗に完食頂けました!

  職員さんの手厚いサポートでご利用者さまが挑戦する機会が沢山持てた回となりました。

 

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、小規模特別養護老人ホーム大曽根さまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



7/28(水)におおぞらケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年7月28日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年7月28日(水)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさま

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ2名

スタッフさま3名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  台風直撃のじめじめした蒸し暑さを吹き飛ばす

  冷たいさっぱりデザートです。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「注ぐ」

  「分ける」「剥く」「切る」「のせる」など

  様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  シュワシュワのメロンソーダゼリー作りからスタート!

  牛乳パック、ペットボトルなど開封に力がいる作業も

  おしぼりを使うなどして策を講じながら

  職員さんを頼らずに利用者さまが頑張ってくださいました。

  微妙な配合もしっかり計量して

  あっという間にクリームソーダゼリーの完成です!

 

 

 

 

  固まるのを待つ間も休憩はありませんが

  皆さん作りたくてうずうず(笑)

  次はクリームジュレづくり。

  混ぜると固まる特殊なゲル化剤を使用して

  牛乳を練乳で味付けしたものをぷるぷるになるまで混ぜて固めます。

  同時にトッピングのメロンも用意。

  種や皮をキレイに取り

  人数に合わせてグループ毎に形を相談してカットして頂きました。

 

 

 

  メロンソーダゼリーが固まったら

  プルプルのクリームジュレをかけて

  メロンをのせたら完成です!

  小さくカットしたメロンを散らしたり

  フワフワのミルクジュレをキレイに敷き詰めたり

  こんもり盛り付けたりと

  それぞれ思い思いに盛り付けて頂きました。

 

 

 

 

  ● さっぱりしていておいしい~
  
  ● 爽やかでした

  ● 甘さも丁度いいです

  ● 次も楽しみにしています

                 など

 

 

  普段賑やかな場所にいられないという方も

  最後までフロアにいてくださったり

  開始前までは落ち着かずにイライラしていた方も

  積極的に参加して楽しまれていたことを

  職員さんもとても喜んでおられました。

  料理のチカラは不思議だな~と毎回しみじみ感じます。

 

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



7/21(水)に山辺北部公民館様主催の講話を担当しました!

2021年7月22日 / イベントレポート, 講座&講話

テーマ

今日を良い日にする♪暮らしのレシピ
~食べるロコモ予防&夏の元気レシピ~

主催者

山辺北部公民館さま

日時

2021年7月21日(水) 10:00~11:00

会場

山辺北部公民館

参加者

山辺町の方 16名
山辺北部公民館の担当者さま 1名

 

 

 

 

kouzanaiyou

● ロコモ&おカラダチェック
● 食べ方のコツ
● 食リハ&夏レシピ

 

 

 

山辺北部公民館さまは普段カルチャースクールを主に開催されてきたとのことでしたが
今回は座学だけという初の試みとのことで
当法人のホームページを見つけて頂き、開催のお声掛けを頂きました。
ロコモティブシンドローム予防として、
食事面での予防法についてご紹介させて頂きました。

 

※ロコモティブシンドロームとは、英語で移動することを表す「ロコモーション(locomotion)」、
移動するための能力があることを表す「ロコモティブ(locomotive)」から作られた言葉で、
移動するための能力が不足したり、衰えたりした状態を指します。
ロコモとはその略称です。

 

初めての座学ということでしたが
感染予防対策を含めた準備をしっかり頂き
うなずきや挙手などでコミュニケーションを図りながら
距離を保ちながら
自身のお身体チェックなどの体験を取り入れながら
進めさせて頂きました。

 

「食べ方のコツ」では、沢山の栄養を効率よく
食事に取入れる事が出来る食材の選び方をお伝えしました。
日頃の買い物の際に思い出して
取り入れて頂けたらうれしいです。

 

●「食リハ(食事リハビリトレーニング)」については、
1日3度の食事の支度には、献立を考える事から始まり、
食材調達(買い物やお金の管理)、調理、飲食、片づけに至るまで
様々な工程が組み込まれています。
頭を使い、買い物や台所動作で身体も使うのですから、
この家事調理をいかに続けて行く事が自分自身の為に
大切なのだという事をお話ししました。
歳と共に出来なくなっていく中で、どこを工夫するとやり続けることが出来るのか
ヒントやポイントをお伝えしました。

 

●「夏のレシピ」紹介では 1品具沢山レシピやひんやりとした栄養満点デザートレシピをご紹介しました。
暑い夏でも簡単に出来るように
包丁や火を使わないレシピです。
材料を変えたアレンジ例などもご紹介させて頂きました。

 

 

 

  ● ご家族が作るご飯が食べられず、先生が作ったご飯は食べられたのはなぜですか?

  ●  夫と二人だと夫が食べるものを優先して、いいか~となってしまうことがありますが、
    これからも料理は続けていきたいと思いました。
    先生の料理教室もぜひお願いしたいです!
    簡単レシピ大歓迎です!

  ●  食事の工夫で血糖値が落ち着いてきました。

                         など

 

質問に対しては、講話時間の中で応対させて頂きました。

感染防止のために直接お話をすることが中々出来ない中でしたが
アンケートでも
料理教室などのリクエストを頂きました。
暑い中で足を運んで頂いた皆さま有難うございました。

 

 

今回このような機会を頂きました主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。
このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させていただきました。

ゆにしあでは、地域の交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣をさせて頂いております。
『体験』を取り入れた内容なので、いつもと違った楽しさがあると感想を頂いています!
地域向け講話のご案内

7/20(火)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2021年7月21日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年7月20日(火)14時~15時30分

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま11名+試食のみ4名

スタッフさま4名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  梅雨明けした夏空にぴったりの

  冷たいさっぱりデザートです。

  今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「注ぐ」

  「分ける」「剥く」「切る」「のせる」など

  様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  シュワシュワのメロンソーダゼリー作りからスタート!

  牛乳パック、ペットボトル、パウチなど開封に力がいる作業も

  もちろんご利用者様の手で。

  固くて苦戦される様子もありましたが

  手元の布巾を巻き付けて滑り止めにするなど

  諦めの言葉ははなく工夫して開けてくださいました。

 

 

 

  固まるのを待つ間も休憩はありません!

  次はクリームジュレづくり。

  混ぜると固まる特殊なゲル化剤を使用して

  牛乳を練乳で味付けしたものをぷるぷるになるまで混ぜて固めます。

 

 

 

  最後はトッピングの用意です。

  今年は猛暑でさくらんぼが終わってしまっていたので

  旬のメロンをご用意しました。

  種や皮を取って

  思い思いの形に切ってくださいました。

  メロンソーダゼリーが固まったら

  プルプルのクリームジュレをかけて

  メロンをのせたら完成です!

 

 

 

  ● ここに来ないとこんなのたべられないね~
    家だとちょこっとしか食べないしね!

  ● 緑と白のバランスがいいな~
 
  ● 庄内の砂丘メロンだべ?いい香りだな~

  ● おいしいな~

                     など

 

 

  見事な出来栄えに

  職員さんからは

  「お菓子屋さんみたい~480円は取れるね!(笑)」

  とお褒めの言葉がありましたよ!

 

 

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンターさまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



7/7(水)に小規模特別養護老人ホーム大曽根さまにて食リハを行いました!

2021年7月7日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

令和元3年7月7日(水)14時~15時30分

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま うらら

参加者

ご利用者さま6名+試食のみ1名

スタッフさま2名

  食リハサポ1

 

 

今回のレシピはこちら

 

 

 

  梅雨空を吹き飛ばす

  さっぱりとした夏のデザートです。

  今回も「計る」「混ぜる」「流す」「こす」「移す」「分ける」  

  「のせる」「かける」などの様々な作業を   
  
  ご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

  梅寒天づくりからスタート!
  
  計量、加熱もご利用者さまの手で。

  焦げないように火加減に注意しながら

  なべ底を満遍なく混ぜて頂き
  
  しっかりと固まりました!
  

 

 

 

  次はトッピングを用意

  国産のミカン缶と甘納豆を彩りよくなるように分けます。

 

 

 

  黒砂糖とお水を煮詰めて手作りの黒蜜も作って頂きました!

  黒糖のいい香りが漂います。

  飴にならない絶妙なタイミングで火からおろして混ぜていくと・・・

  つやつやの黒蜜が完成!

  各自好きな量をかけていよいよ試食です。

 

 

 

  ● おいしい~

  ● 甘くてうまいな~

  ● みかんがすっぱいね~

              など

 GOODのマークを何度も指で作ってくれる方もおられました。

 少人数の開催で

 初参加の方もおられましたが

 手際よく分担してスムーズに完成しました!

 

 

 

 

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、小規模特別養護老人ホーム大曽根さまならびに

参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。
 
ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。

ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


⇒食リハサポートのご案内



7/6(火)に【どんなときでもいきいき生活講座①】を担当しました!

2021年7月7日 / イベントレポート, 講座&講話

 

講座名

赤い羽根共同募金配分金事業
どんなときでもいきいき生活講座①

テーマ

おうちごはんを楽しむ食卓応援料理~料理初心者男子もチャレンジ~
自分を大切にすればご飯が美味しい♪料理が楽しい♪
~火いらずレシピ~

主催者

南山形地区社会福祉協議会さま

日時

令和3年7月6日(火)10:00-12:00

会場

南山形コミュニティセンター 調理室・研修室

参加者

15名+事務局様5名+会長様+副会長様

 

一昨年まで3年間実施し、大人気だった「毎日の食事から考える健康な生活づくり講座」が終わりを迎え、昨年より大好評だった講座を更にパワーアップして開催しております。
高齢者家庭、単身家庭、障がいや介護・子育てなど様々な環境の中で変わりゆく毎日の生活。そんな中でどんな時でもイキイキと楽しく生活していくための知恵を身に付けて欲しい・・・との思いで企画がスタートしました。
「どんなときでもいきいき生活講座」
普段の生活に簡単にちょこっと取り入れて、毎日の生活が何だか楽しくなっちゃう・・・そんなコツや工夫をご紹介します。
新型コロナウイルスの感染を予防するために「少人数」「短時間」「お持ち帰り」というこれまでの料理教室のスタイルから一新した、新しい講座です。

 昨年は感染症蔓延防止で全ての講座が開催できませんでしたが、今年度は気持ちを切り替えて新たなスタートを切ることが出来ました!

 

 

 

 

 

 名称未設定

 

・自活のススメ

 

・飽きずに続く!合わせ盛り術

 

 食事の悩みを抱えている方は「自分が後回し・・・」になりがちです。
  今回は時間や労力をかけずにパパっとできちゃう
 食材の選び方や盛り付けの3つのワザについてご紹介しました。
 料理を美味しくする言葉のチカラも必見です!

 一昨年までのゆにしあの講座では、隣の方と楽しくおしゃべりしながら進めるのですが、
 感染防止のため、昨年に引き続き各自作業。
 一人ひとりの調理は道具や材料配分が細かく時間がかかりますが、
 昨年の経験から役員さんの準備もばっちりで
 45分程で2品が完成しました!

 

 

 

  ① 混ぜるだけで本格!おかずオニギリ
  ② おつまみで!いかセロリ

 

 

 





 

 





 

  ● 昨年のメニューも作っています!

  ● お話が上手でとても分かりやすかったです。

  ● 簡単すぎる位「カ・ン・タ・ン」だけど、
    これなら「何となく」でも出来るから一番です!!
  
  ● 材料の「セロリ」はどちらからと言うと苦手な方だけど、
   こんな食べ方があるんだと知れたし持ち帰って自宅で試しに食べて
   旨かったらまた作りたい!(男性参加者さん)
  
  ● おにぎりも「ごちそう」になるんだなぁ~

  ● 本当は、みんなと一緒に食べたいなぁ~。
   (家に帰っても1人きりだし、一緒に作って食べると何倍も
    旨いんだろうに・・残念でならないです)(男性参加者さん)

  ● めちゃくちゃ簡単だけど、こういったことが思いつきませんので
  、教わる事が楽しいです(1人暮らし女性)

                      など

  今年は事務局と役員方からの希望もあり「男性も出来る初心者向け料理」を
 テーマにしていますが、案内のチラシを見て下さったこれまで参加頂いている
 ファンの方々から、「どうしても参加したい!!」と熱烈なコールがあったと
 伺いました。

  それでも男性の方も参加して頂いたようで、
  次回はぜひ旦那さんに参加してみたら!と声がけもお願いしちゃいました。

 


なお、このレポートでご紹介させて頂いている画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させて頂きました。

最後に、このような機会をいただきました主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。
事前準備、当日、終了後も丁寧にご対応頂き、ありがとうございました。


ゆにしあでは、地域交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣させていただいております。
ご要望やご予算に合わせて検討させていただきますので、お気軽にお問合せください。
地域向け講話のご案内

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


【 ゆにしあLINE公式アカウント 】
LINEで気軽にお問合せ、変更連絡などが出来るようになりました!

友だち追加

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。


TOPへ戻る