「2018年02月」の記事

2/27(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2018年2月28日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成30年2月27日(火)13:50~16:30

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま 10名、スタッフさま5名

 

食リハサポ1

 

 

平成30年2月27日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第41回を行いました。

今回は作っていただいたメニューはこちら!

無題

 

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「加える」「混ぜる」「流す」「裏返す」「押す」「潰す」「絞る」「たらす」「振る」「たたむ」「持ち上げる」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

 

 

ミキサー食の方はバナナの皮をむいたり、カステラのフィルムをはがしたりなど、細かな作業からダイナミックな作業まで様々な工程に挑戦頂きました。
飲み込みがしにくい方も同じものを食べられるように、カステラはほぐしてホイップクリームを混ぜて頂きました。
いつもは仕上がりに時間がかかり、常形の方よりも食べるのが後になるのですが、今回はメンバーさんが多かったので、分担してすぐに作業ができ、
一足お先に召し上がって頂くことが出来ました!

 

 

DSCN7029 DSCN7033 DSCN7032 DSCN7037 DSCN7039 DSCN7047 DSCN7048 DSCN7051 DSCN7053

 

 

元お菓子職人の方は、フライパンの温度を素手で確認する様子がありましたが、きちんと理解していることを確認できているので、あえて止めずに見守ります。
火や包丁を使う作業では、長年の経験から、まな板を使わなかったり、手で触れる方もおられます。
ついつい危ない!と中止してしまったり、やりなれないこちらの対応を押し付けがちですが、意図や残存機能をしっかりと見極めて見守ることで、
ご自分のやり方を生かしながら、危険を最大限排除しつつ作業を楽しんで頂けました。

退院後半年ぶりの料理というご利用者さま。
他のご利用者さまへの気遣いもばっちりで、ゆにしあでは「先生」ではなく、一緒に楽しむ仲間として時間を共有できたことをとても嬉しく思いました。
正しいやり方を聞かれがちですが、料理はそれぞれのやり方で大正解!好みはあっても失敗はないので、どんどん思ったことを形にして頂けます。

 

 

 DSCN7055 DSCN7058 DSCN7065 DSCN7062 DSCN7074 DSCN7075 DSCN7078 DSCN7080 DSCN7082 DSCN7079 DSCN7083 DSCN7046

ご利用者さまのお声1

 

〇 フォークとナイフで食べるつもりで盛り付けました。
〇 とっても美味しいです。でも大きくて食べきれないわ~。
〇 カステラとクレープが合いますね。
〇 昔は売ってなかったから、何でも作ったの。料理は半年ぶりです。

など

 

 

名称未設定1

〇 食事形態が常食の方を作業能力に合わせてミキサー食のグループに入って頂いたのですが、
 他の利用者様からの指摘などがない環境で伸び伸びとご自分のペースで沢山作業ができて
 とても良かったです。
〇ミキサー食の方のレシピでも十分おいしそうで、普段常食を食べている方も
 自分で作られたミキサー食用のデザートを食べられてよかったです。
〇 普段必ず拒否される方には、促さないで自然と入って頂くといいんですね!

など・・・

 

 

今回も担当者の方には丁寧にご準備いただき、スタッフの皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
担当者様の努力とそれを支えるスタッフさんのおかげで、楽しい雰囲気の中で食リハを行うことができました。
おおぞらケアセンターのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

今回もこのような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様にご許可を得まして掲載させて頂きました。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

2/6㈫に大江町高齢者保健福祉サービスチーム調整会議研修会の講師を担当しました!

2018年2月26日 / イベントレポート, 講座&講話

講 座 名

大江町高齢者保健福祉サービスチーム調整会議研修会

主 催

大江町健康福祉課さま

テーマ

~ゆにしあの大失敗・勘違いから考える~なぜかうまくいく!?食の自活サポート

日 時

2018年2月6日(火)15:00~16:30

会 場

大江町役場 2階201会議室

参 加 者

大江町の高齢者福祉サービスに関わるケアマネジャーを中心とした専門職の方 13名
大江町健康福祉課ご担当者 さま

 

平成30年2月6日(火)に大江町の高齢者保健福祉サービスに関わる ケアマネジャーを中心とした専門職を対象とした会議の研修会の講師を担当させて頂きました。

 

 IMG_20180206_162550

 

 

2

 

Ⅰ.シニアのカラダとアセスメント

 シニアに起こりやすいカラダの悩み、簡単に出来る隠れ栄養失調チェックなどをご紹介し、
 実際に体験頂きました。

 

Ⅱ.元気を取り戻す!食べ方のコツ

 シニアでも簡単に栄養バランスを整えることができる、食品選択の裏技などをご紹介しました。

 

Ⅲ.食の自活サポート

 食べるだけでなく、食事を作るプロセスが認知症予防や介護予防になること、自宅や施設で行える食を通じた自立活動【食の自活】として”食リハ”や”食トレ”の事例をご紹介しました。

 

 

なお、このレポートでご紹介させて頂いている画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させて頂きました。

最後に今回このような機会を頂きました、主催者さま・担当者さまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

ゆにしあでは、医療・介護の専門職の方向けの「講座」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣をさせて頂いております。

『体験』を取り入れた内容なので、わかりやすく、実践しやすいととのお声を頂いております。
ご要望やご予算に合せてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問合せください。
全国どこへでも、喜んでお伺いいたします。
専門職向け講話のご案内

2/14(水)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2018年2月17日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成30年2月14日(水)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま11名+試食のみ2名、スタッフさま3名

 食リハサポ1

 

 

平成30年2月24日(水)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第30回目を行いました。

今回お作り頂きましたメニューはこちら

無題

バレンタインにちなみ、チョコレートを使った洋菓子に挑戦頂きました!

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「剥く」「折る」「叩く」「潰す」「切る」「ほぐす」「混ぜる」「絞る」「被せる」「切り取る」「ふりかける」など、たくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

 

 料理が得意だったという女性陣にはカステラ切りをお願いしました。
「細かければ細かいほどいいですよ~」とお話しすると、薄切り、そぎ切りなど、それぞれのこだわりの切り方であっという間に細かくなりました。

DSCN6999 DSCN7000

 

 

その間にチョコレートも細かく砕いて頂きました。
手に麻痺がある方でも棒などを使ってしっかりと細かく仕上げてくださいました。
普段は手の麻痺を気にして「私出来ない~。やってください!」という方も、
「お願いします~!」と棒をお渡しすると自然と手が動き、しっかりと力を込めてチョコレートを潰してくださいました。

DSCN6998 DSCN7004 DSCN7005

 

 

卓上コンロを使って目の前でチョコレートを溶かすと、部屋中がチョコレートの甘い香りに包まれてほんわか幸せ気分が高まります。
粒がないように滑らかになるまで丁寧に溶かし、カステラを加えて生チョコ生地が完成!
絞り袋に入れてそれぞれガラスのココット皿に絞ります。

紙でハートの型を作ったら、粉糖とココアをお好みで振りかけて完成!
洋菓子屋さんさながらのお洒落な仕上がりに。

DSCN7010 DSCN7012 DSCN7016 DSCN7013 DSCN7020 DSCN7021

 

 

完成後はご施設の職員さんが企画したバレンタインイベントが始まりました。
男性に素敵なプレゼントが送られ、バレンタイン気分でいよいよ試食タイム!
濃厚なチョコレートに皆さん大満足で、あっという間にきれいに食べてくださいました。

DSCN7025 DSCN7022 DSCN7026

 

 

ご利用者さまのお声

〇 やんばい(上手に)できたよ。

〇 量もちょうどいい。うまいな~。

〇 また作ろう!

 

など

 

 

 

名称未設定1

〇 簡単ですごくおいしい!ぜひまた作りたいので、レシピを教えて欲しいです。

〇 皆さんあっという間に食べ終わりました。

など

 

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。

ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
3月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

2/13㈫に特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2018年2月17日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成30年2月13日(火)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま10名+試食のみ4名、ご家族様3名、スタッフさま4名

 

食リハサポ1

 

平成30年2月13日(火)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第30回目を開催しました。

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第30回のメニューはこちら

無題

 

今回はバレンタインにちなみ、チョコレートを使った洋菓子に挑戦頂きました!

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「剥く」「折る」「叩く」「潰す」「切る」「ほぐす」「混ぜる」「絞る」「ふりかける」など、たくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

DSCN6981 DSCN6982 DSCN6983 DSCN6984 DSCN6985

入居したばかりのご利用者様は、面会にお越しになっていたご家族様と一緒に初めての参加でした。
普段はミキサー食を食べている方ですが、チョコレートを砕いたり、カステラを細かく切るなど、一通りの工程を「できない~」と言いながらも、バッチリ上手にしてくださいました。

男性の入居者さまは面会中の奥さまと一緒にご参加くださいました。
チョコはもらうだけという男性陣にも作るところから関わって頂きました。
大好きなチョコレートがどうお菓子になるのか・・・不安そうな表情をされていましたが、
スプーンで味見をして頂くと、目を見開いて驚いた表情をされ、思わず「うまい!」の声が(笑)

なめら中に仕上がった生チョコ生地をガラスのかわいいココット皿に絞ったら、お好みのパウダーで仕上げ。
濃厚でも滑らかな仕上がりに、普通食の方はもちろんのこと、ミキサー食の方も同じものをペロリと食べて頂きました!

 DSCN6991 DSCN6992

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

3月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る