「2018年03月」の記事

3/28(水)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2018年3月30日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成30年3月28日(水)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま うらら

参加者

ご利用者さま10名+試食のみ3名、スタッフさま5名

 

食リハサポ1

 

平成30年3月28日(水)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第31回目を開催しました。

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第31回のメニューはこちら

 

無題

 

 

今回はホワイトデーにちなみ、甘いホワイトチョコレートと抹茶を使ったオトナなお菓子を作って頂きました。

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「折る」「叩く」「押しつぶす」「混ぜる」「練る」「押さえる」「はがす」「切る」「すくう」「詰める」「絞り出す」「振る」など、たくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

 

常食~ミキサー食までの幅広い参加者様が一緒に同じおやつを楽しめるように、やわらかめに仕上がるよう配合に工夫があります。
作業能力が高い方、麻痺がある方などそれぞれの残存機能を活かして参加頂けるように、様々な工程を体験頂けるプログラムになっています。

 

DSCN7163  DSCN7158 DSCN7157 DSCN7156 DSCN7154 DSCN7159

 

 

手先が器用な方はカステラの開封、薄紙をはがしてのみじん切り作業、包丁やまな板などを上手に使ったボールへの移し作業などのカット以外の前後の作業も全て行って頂けました。
認知症がある方も、袋やめん棒を使うことで、掛け声に合わせてチョコレートを砕いたり、生地を混ぜて頂くことができました。
首の痛みや疲労感を訴える方も作業が始まると集中し、途中で無理のないように声掛けを行いましたが、痛みや疲労感の訴えはなく、担当となった作業を最後まで責任を持ってして下さいました。

男性の利用者様も笑顔や笑い声を見せながら、楽しげに作業をされました。
味見の際も抹茶のほろ苦さを感じながらも、中身のホワイトチョコレートの甘みの変化を味わい、「おいしい!」とあっという間に完食されました。
積極的に作業をしたい様子が感じられ、まんべんなく様々な作業を体験頂けました。

 

 

 DSCN7164 DSCN7165 DSCN7166 DSCN7167 DSCN7169

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

4月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

3/20(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2018年3月21日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成30年3月20日(火)13:50~16:30

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま 9名+試食のみ2名、スタッフさま6名

 

食リハサポ1

 

 

平成30年3月20日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第42回を行いました。

今回は作っていただいたメニューはこちら!

無題

 

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「分ける」「加える」「混ぜる」「割る」「詰める」「縛る」「すくう」「ならす」「ふりかける」「折る」「選ぶ」などたくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

 

 

 DSCN7124 DSCN7125 DSCN7126 DSCN7129 DSCN7130  DSCN7133

 

 

 普段はミキサー食を食べているという方ももちろんご自分でお作り頂きます。
今回はチョコレートを細かく砕いたり、カステラを切ったり、抹茶を振りかけたりと実は常形の方よりも沢山の作業がありましたが、それぞれの得意なことで大活躍頂きました。

いつも数を数えるているというご利用者様には「あと15回混ぜてください。」とお伝えすると、泡だて器をしっかりと握り、しっかりと混ぜて頂くことが出来ました。
「もう25回も混ぜましたよ!」としっかりとなさった作業をお教えくださいました。

 DSCN7136

初参加の認知症がある男性の方も「分からない…」と作業が変化する度に口にされていましたが、作業を分解して目の前で見本を提示したり、選択しを多くし過ぎないことで作業に一通りご参加頂け、帰りには「またお願いしようかな~」と言い、笑顔を見せてくださいました。

 

女性陣は繊細なチョコレートの湯煎や彩を考えた成型もお手のもの。
以前子供たちにおやつ作りをされていたというご利用者様からは「これアルミカップを使うといいのよ!」
という画期的なアイデアを頂き、急遽クッキングシートからアルミカップに変更!
作業のしやすさが抜群で、こちらが勉強させて頂くばかりです。

 DSCN7139 DSCN7137

レクレーションや料理教室となると「講師」「先生」としてお声がけ頂くことが多いのですが、
ゆにしあは人生経験ある皆さんこそが先生であり、私たちやスタッフさんに「伝える」「教える」という機会を作ることをとても大切に思っています。「指導者」ではなく、「企画者」「インタビュをする人」として、参加者様お一人お一人の得意なことや斬新なアイデアのご意見に目を光らせ、耳を大きくして、すぐに実行に移せる環境づくりやお手伝いに全力を尽くします。

 

 

成型はひなあられのかわいい色合いを生かして、あられの大きさや色の配置を箸で微調整。
真剣にあられと向き合う参加者様はまさに職人です!

 

盛りつけは千代紙を敷いた器に。
千代紙の柄や色合いをご自身で選び、立体的に個性的に折ってくださいました。
シンプルなあられチョコが豪華で気品高い一品に変身しました。

 

 DSCN7144 DSCN7143 DSCN7142 DSCN7141 DSCN7146 DSCN7149

 

DSCN7153 DSCN7152

DSCN7150 DSCN7148

 

ご利用者さまのお声1

 

〇 ふんわりしていてとっても美味しいです。

〇 また来てください!

〇 まずまずだな。(笑顔でピースサイン)

〇 昔子供たちにおやつを作っていたことを思い出しました。とっても楽しかったです。

など

 

 

名称未設定1

〇 材料2つでこんなにおいしく仕上がるなんてびっくりです。

〇 またやってみます!見た目もかわいいですね。

〇 初参加の男性ご利用者さまもとっても楽しそうに参加できて良かったです。

〇 作業がゆっくりな方がミキサーグループに入ることで、活躍の場ができて良かったです。

〇 前の2回は自分たちでメニューを考えてみましたが、アイデアが出ず、面白みに欠けました。
 やっぱりご提案頂くレシピはなるほど~と思うものばかりで、毎回楽しみです。

など・・・

 

 

今回も担当者の方には丁寧にご準備いただき、スタッフの皆さんがしっかりフォローくださったので、怪我もなく安全に食リハを実施できました。
担当者様の努力とそれを支えるスタッフさんのおかげで、楽しい雰囲気の中で食リハを行うことができました。
おおぞらケアセンターのスタッフのみなさま、ありがとうございました。

今回もこのような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様にご許可を得まして掲載させて頂きました。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

3/7(水)に「蔵王地区福祉協力員研修会」を担当しました!

2018年3月19日 / イベントレポート, 講座&講話

テーマ

食事の悩みにサヨナラする
俺流・私流の暮らし方~お身体チェックと食べ方のコツ~

主催者

山形市蔵王地区社会福祉協議会さま
山形市社会福祉協議会 福祉のまちづくり第二係さま

日時

2018年3月7日(水) 11:00~12:00

会場

蔵王コミュニティセンター

参加者

蔵王地区福祉協力員さま50名 
蔵王地区社会福祉協議会役員さま5名
山形市社会福祉協議会 福祉のまちづくり第二係担当者さま 1名
蔵王地域包括支援センター 職員さま 3名

IMG_1149

 

kouzanaiyou

1、おカラダチェック
要介護・認知症に繋がりやすい食生活の注意点や隠れ栄養失調チェックをご紹介し、
その場で皆さんに体験頂きました。

2、食べ方のコツ
食べる量が少なくなっても、効率的に必要な栄養素をまんべんなく食べるための
食べ方・料理のコツ・レシピをご紹介しました。

3、食の自活
家事を引退した…料理は苦手…などの理由から、
食事をお弁当や訪問ヘルパー・ご家族に頼りきりとなっているシニアの方が増えています。
一見食事をしっかり食べていて安心に見えますが、料理を考える⇒買い物する⇒作るために使われていた
考える機会や体を動かす機会が減ることで、体力や意欲・認知機能の低下に繋がること、
食事を自分で用意し続けることの大切さをお話させて頂きました。

 

 

 

ゆにしあの講話は参加型です。
開始冒頭からさっそくお隣同士での楽しい「食」の意見交換から開始!
どんどんおいしい料理の名前が上がりました。

一方、ゆにしあ講座の恒例のファッションチェックでは、慎ましい山形市民の皆さんは急に遠慮がちに。
その中でも、お手製のジャケットに身を包んだ女性は席を立って素敵な装いをご披露くださいました。
また、こだわりポイントやお隣の方からの推薦を受けた方からも今日のファッションポイントをご披露頂きました。

IMG_1155

そんなファッションと大いにん関係する今回の「食べる」お話。
「食べ過ぎさん」にも「少食さん」にもお勧めの
すぐに実践できる計算不要の栄養バランスを簡単に整える食べ方のコツ【まるごと食】をご紹介しました。

 

【お身体チェック】や【食の自活】のお話や体験では、地域の元気を見守る役割を担うべく、
「地域の方にお伝えしたい!」という熱意がひしひしと伝わってきて、とても嬉しく思いました。

IMG_1157 IMG_1153

今回このような機会を頂きました、山形市蔵王地区社会福祉協議会さま、山形市社会福祉協議会 福祉のまちづくり第二係さまには、この場を借りてお礼申し上げます。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させていただきました。

ゆにしあでは、地域の交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣をさせて頂いております。
『体験』を取り入れた内容なので、いつもと違った楽しさがあると感想を頂いています!
地域向け講話のご案内

3/6(火)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2018年3月7日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成30年3月6日(火)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま11名+試食のみ1名、スタッフさま5名

 食リハサポ1

 

 

平成30年3月6日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第31回目を行いました。

今回お作り頂きましたメニューはこちら

 

無題

 

 

3月の2大イベントの【ひな祭り】と【ホワイトデー】にちなみ、
雛あられとホワイトチョコレートを使った岡新い挑戦頂きました。

5感をフル活用する食リハ。
「開封する」「計量する」「剥く」「折る」「叩く」「潰す」「すくう」「混ぜる」「詰める」「縛る」「切る」「折る」「広げる」など、たくさんの作業をご利用者様主体で行って頂きました。

 

 普通に食べるだけの雛あられをホワイトチョコレートで固めて、【おこし】風に仕上げます。
まずはチョコレートを砕く作業から。チョコレートの開封ももちろんご利用者さま。
手やめん棒でとっても小さく砕いて頂いたので、湯煎で溶かすと滑らか~な仕上がりに!

 

 

 DSCN7088 DSCN7089 DSCN7087

 

2種類の大きさの違う雛あられは色合いや大きさのバランスを見ながら、
男性のご利用者さまが真剣に配分くださいました。

DSCN7094 DSCN7097 DSCN7099 DSCN7100 DSCN7101 DSCN7104

 

 

仕上げはもちろんご自分で。
あられの粒の大きさや配色のこだわりは譲れません(笑)
「私に緑がない~。もう少しこれを下さい!」などご要望がそれぞれ上がりました。

 

出来立てを食べられるように、氷枕を作って目の前で冷やします!
形作りにこだわりにこだわって時間をかけたご利用者さまの分は冷凍庫で急速冷却。
無事、納得のいく仕上がりで皆さんと一緒に食べて頂くことが出来ました。

 

 

DSCN7105 DSCN7106 DSCN7107 DSCN7111 DSCN7113 DSCN7114 DSCN7117 DSCN7118

 

 

固まる間も千代紙を使って盛り付けイメージを膨らませながら、
それぞれ千代紙の種類を選んだり、いろいろな折り方に挑戦されました。
かごのようにされた方はまさにお雛さま!

 

 

ご利用者さまのお声

〇 今日も楽しかった~。

〇 すごいきれいだね~。

〇 いや~食感もいいね!シャリシャリ!

〇 雛あられとチョコレートなのにうまいね!
 こうして食べるとうまいね~。

 

など

 

 

 

名称未設定1

〇 皆さん色にもこだわって楽しそうでした!

〇 とっても美味しかったです!

など

 

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。

ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
4月の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る