「2019年03月」の記事

3/4(月)に栄養講話in久保田を担当しました!

2019年3月29日 / イベントレポート, 講座&講話

講座名

山形市住民主体の通いの場継続支援

テーマ

栄養に関する講話【俺流・私流 今日をいい日にする♪暮らしのレシピ】

主催者

山形市役所 長寿支援課 予防推進係さま

日時

平成31年3月4日(月)10:00-11:00

会場

あっぷるの里久保田(久保田1-7-7)

参加者

久保田にて100歳体操をしているグループの方( 70-90代) 20名
山形市役所 長寿支援課 予防推進係 担当者さま 1名

 

 IMG_6653

 

 

 

名称未設定

 

 

1、おカラダチェック
  要介護・認知症に繋がりやすい食生活の注意点や隠れ栄養失調チェックをご紹介し、その場で皆さんに
  体験頂きました。

2、食べ方のコツ
   食べる量が少なくなっても、効率的に必要な栄養素をまんべんなく食べるための食べ方・料理のコツ・
  レシピをご紹介しました。

3、俺流・私流の暮らし方
  家事を引退した…料理は苦手…などの理由から、食事をお弁当や訪問ヘルパー・ご家族に頼りきり
  となっているシニアの方が増えています。
  一見食事をしっかり食べていて安心に見えますが、料理を考える⇒買い物する⇒作るために使われていた
  考える機会や体を動かす機会が減ることで、体力や意欲・認知機能の低下に繋がること、食事を自分で
  用意し続けることの大切さをお話しました。

 

IMG_6657 IMG_6655
IMG_6654 IMG_6658

 

 

 

 参加者さまからの感想(吹出)

● 体操や運動をするにあたり、常々食事も大切だと思っていたので、
  やっとこの機会を得られて楽しみにしていた。

● 栄養については難しい印象があったが、とても分かりやすい内容だった。

● 生活そのものが食事に繋がっているという事が理解できた。

● 家事調理が嫌で仕方なかったけど、今日の話を聞いて
 「やらなくちゃならないな」と励まされた!

● 私の事そのものだと思った、今日参加できてとても良かった!

● 自分のために今していることを続けようと思った。

など・・・

 

前々から役員の一人が栄養・食事面についての話をしてもらいたいと切望されていたとの事でした。
日頃から90歳を超えた方も積極的に参加をされている非常に健康意識の高い皆さんで、
毎週の集まりも参加率が良くてハツラツとしている印象を持ちました。
会場となっている「あっぷるの里」も位置的にも集まりやすく、
利用しやすいという利点があるようで他の催し物でも参加してくれる方が多いと会長さんが話していました。

ひな祭りが前日だったこともあり、参加者の中には「着物」で季節感を出したいといらしてくださった方もいました。
普段はジーンズだというご婦人でしたが着物が目を引き、とても素敵なファッションチェックになりました。

講座の後は、いつも皆さんで季節の歌を歌っているというのでご一緒してお茶会にも誘ってもらいお話をしてきました。
抹茶もご用意頂き、ひな祭りの余韻を感じた一時でした。

 

 

なお、このレポートでご紹介させて頂いている画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させて頂きました。

最後に、このような機会をいただきました主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。

ゆにしあでは、地域交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣させていただいております。

ご要望やご予算に合わせて検討させていただきますので、お気軽にお問合せください。
地域向け講話のご案内

3/2(土)に【つながり支援講座】を担当しました!

2019年3月29日 / イベントレポート, 講座&講話

講座名

つながり支援講座

テーマ

俺週!私流!今日を良い日にする♪暮らしのレシピ
  ~食から始めるフレイル予防~

主催者

第三地区社会福祉協議会さま、第三地区町内会さま、
地域包括支援センターかがやきさま、北部公民館山形市北部公民館さま

日時

平成31年3月2日(月)13:30~15:00

会場

山形市 北部公民館 三階大ホール

参加者

一般成人の方 約60名 
関係各所の役員さま 約10名程度

 IMG_6636

 

 

 

名称未設定

 

Ⅰ、おからだチェック

  高齢者に多い隠れ栄養失調についての説明とチェック方法をご紹介し、その場で体験して頂きました。

 

Ⅱ、悩みが消える!自分流の暮らし術

  食欲がない…食べ過ぎる…食事制限が守れない…などの食事の悩みは自分自身を大切にしていな

  いことが原因の場合があります。食事の問題の解決に繋がる無理のない自分にあった“暮らし方”や

  脳や身体への刺激になる食事準備の重要性についてご紹介しました。

 

Ⅲ、元気が続く!食べ方術

  自宅で簡単に出来る食べ方のコツをスライドをもとに、
  参加者さんにご参加いただきながらご紹介しました。
  コツを盛り込んだ簡単レシピもご紹介しました。

 

IMG_6639 IMG_6641
IMG_6644 IMG_6648

 

 

 

 参加者のみなさまからの感想・質問(吹出)

Q、虚弱な質であまり食事量が摂れないので「大人のミルク」というのを飲んでいるが良いんでしょうか?
Q、3食食べられないが、食べないとダメだろうか?
●  とても分かりやすくて良かったです!
● これまでの家事調理をこれからも続けていきたいです!
● 特別な事をしなくてもこれまでのことをこれからも続けていく事が良いんですね!頑張ります!
● 大病して体調を崩したけど、自分の身体を気に掛けながら
  元の生活に戻れるようにしなくちゃいけないと思いましたよ。

など・・・

ご質問については、講話の内容を振り返りながら会場にてお答え致しました、

 

 

なお、このレポートでご紹介させて頂いている画像に関しては、主催者さま、ならびに参加者様にご許可得まして掲載させて頂きました。

最後に、このような機会をいただきました主催者さまには、この場を借りてお礼申し上げます。

ゆにしあでは、地域交流会での「講話」「研修会」「料理教室」などを企画提案、講師派遣させていただいております。

ご要望やご予算に合わせて検討させていただきますので、お気軽にお問合せください。
地域向け講話のご案内

3/26(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2019年3月27日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成31年3月26日(火)13:50~16:00

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま8名+試食のみ1名、スタッフさま5名

  食リハサポ1

 

 

平成31年3月26日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第53回を行いました。

 

第53回目のレシピはこちら

 

無題

 

 

一足お先に春を感じるお菓子に挑戦頂きました!

 

今回も「開封する」「計る」「混ぜる」「練る」「絞る」「加える」
「ならす」「つまむ」「よそう」「かける」「切る」

などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

白玉は計量からスタート!
計量、こねるなどの作業はお手の物です。
立ち上がり、腰を入れてしっかりこねる姿はお菓子屋さんそのものです!

 

DSCN8364 DSCN8368 DSCN8370

 

 

 

桜あんももちろん手作り。
製あん所より分けて頂く生の白あんに砂糖を入れて練り上げたら
塩抜きした桜の葉を投入!
軸を丁寧に取り除き、桜の葉の塩味の加減を味見をしてから加えるなどの
職人さん顔負けの丁寧な作業と長年のカンで綺麗な桜あんが完成しまいた!

 

DSCN8374 DSCN8376 DSCN8373
DSCN8377 DSCN8380 DSCN8383

 

 

 

白玉も丁寧に形を整え、目の前で茹でて頂きました。
見事な連携でお菓子屋さんの作業場をのぞいているかの様です。

 

DSCN8384 DSCN8387 DSCN8388
DSCN8390 DSCN8391 DSCN8395

 

 

茹でたてのやわらかい白玉に桜あんをのせて完成です。
皆さんお腹の加減を見ながら量を調整し、
それぞれがこだわりを持って盛り付けられました。

 

DSCN8405 DSCN8411 DSCN8410
DSCN8407 DSCN8412 DSCN8409

 

 

ミキサー食の方は白玉をお粥で作った軟らか団子に変更。
目が見えなくても香りをかいで頂くと
口が開き、食べる気満々です。
「おいしい!」とパクパク進み、あっという間に完食です。
普段はお粥が進まない時の対策も一緒にお話しし、
今後の食事ケアのヒントも見つけて頂けたようです。

 

 

 DSCN8396

 

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

〇 うまいな~
〇 たまに甘いのもいいね~
〇 春の香りがした!
〇 春爛漫だ~。
〇 次も楽しみしてるな!

など

 

名称未設定15

〇 あまり甘いものを食べない方や食事が進まない方も
 匂いを嗅いだだけでおいしそうと話されて
 全部食べられました。

〇 最近落ち込んでいてご利用者様が久々に楽しそうでした。

〇 春らしくていいレシピですね。次も桜のレシピでいいかも。
 次に参加される方は洋菓子好きなので、お願いしたいです。

など

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。

ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

3/25㈪に特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2019年3月26日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成31年3月25日(月)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま うらら

参加者

ご利用者さま12名+試食のみ3名、スタッフさま3名

 

食リハサポ1

 

 

平成31年3月25日(月)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第43回目を開催しました。

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第43回のメニューはこちら

 

無題

 

春を先取りした桜の花を使ったデザートに挑戦頂きました!

 

今回も
「開封する」「計る」「混ぜる」「移す」「切る」「もむ」「押す」
「回す」「混ぜる」「つまむ」「注ぐ」「移す」「浸す」「かける」など・・・

たくさんの作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

まずは生地作り。
クリームチーズを練って軟らかくしたり、
生クリーム。ヨーグルト、お砂糖などを丁寧に計量頂きました。

 

IMG_6698 IMG_6702 IMG_6705

 

 

寒天の粉を溶かしたら、あとは器に流して氷水で冷やします。
カセットコンロを使って点火~混ぜる作業ももちろんご利用者様にして頂きました。

 IMG_6707 IMG_6711 IMG_6715

 

 

麹の食紅で桜色のジュレを作りました。
桜の花の塩漬けは塩抜きし、丁寧に軸を外したり、選別してくださいました。
固まったレアチーズケーキに桜の花をのせ、桜ジュレをかけたら完成です!

 

IMG_6714 IMG_6712 IMG_6717

 

 

それぞれ自分で花びらを選び、好みの量のジュレをかけて頂きました。
滑らかな異なる味と食感の2つの味を楽しめるデザートに
あっという間に完食頂けました。

 

IMG_6719 IMG_6720
IMG_6722 IMG_6724

 

 

沢山やりたい!という意欲的な方が多く、
沢山の作業も皆さんの連携でスムーズに仕上げることが出来ました。
また、花びらの形や作業の手順など、
ご利用者様自身がこだわりを持って職員さんに依頼しながら、
主体的に作業をして頂く姿が多く見られました。

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

・桜の花しょっぱいな~。

・やんばいだ~(ちょうどいい)。

・おいしかったよ~。

・意外と手間がかかるんだな~。うまいっけ。

など

 

 

 

参加された方全員がペロリと完食頂きました。

 

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

3/12(火)におおそねケアセンター様にて食リハを行いました!

2019年3月14日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成31年3月12日(火)14時~16時

会場

小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさま

参加者

ご利用者さま12名、試食のみの方2名、スタッフさま5名

  食リハサポ1

 

 

平成31年3月12日(火)に小規模多機能型居宅介護事業所おおそねケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第43回目を行いました。

第43回目のメニューはこちら

 

 無題

 

 

3月のひな祭り気分を味わえる
甘酒の風味香る春のお菓子に挑戦頂きました!

 

今回も「開封する」「計る」「割る」「混ぜる」「すくう」「裏返す」
「めくる」「塗る」「回す」「注ぐ」「重ねる」「切る」

などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

 

卵を割ったり、粉を測ったり、
協力しながらどんどん作業が進みます。
卵を机に割ってしまいがっかりするご利用者様・・・
そんなときも心配無用!
他のボールからちょちょいと集めてしっかりカバー!
失敗ではなく、ちょっとした面白ハプニングに早変わりです。

 

 

DSCN8333 DSCN8334 DSCN8336

 

 

 

生地焼きは立てるか、車いすかに合わせて
シートに伸ばしてフライパンに乗せる方・・・
直接フライパンに伸ばす方・・・ など
いろんな方法で全員が1枚は焼いていただきました。

DSCN8339 DSCN8342
DSCN8344 DSCN8346

 

麹の食紅を使っ桃色
抹茶の緑
プレーンの白
色合いの加減もご利用者さまの微調整のワザが光りました!

 

甘酒粉末を加えたホイップも手作りし、いよいよ仕上げ!
3色のミルクレープは焼きと塗りを繰り返す根気がいるレシピですが
沢山の参加者さん全員の頑張りが積み重なり
あっというまに3つも完成しました!

 

 

DSCN8348 DSCN8351
DSCN8352 DSCN8356

 

 

1人1切れずつ等分に包丁を入れる作業も回して・・・
いよいよ完成!
自分で食べたい物を厳選してお皿に盛りつけて頂きました。
見た目も味も大満足の逸品が完成しました!

 

DSCN8359 DSCN8358
DSCN8361 DSCN8362

 

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

● 切り口がキレイ!こっちはクリームが出たから、こっち側がいいわ!

● キレイだね~

● 甘酒の香りがしておいしいね。

など

 

無題

 

「いつもと違う火曜日の開催で久しぶりの参加者様はとても喜んでいました。
息子さんの入院を心配する参加者様も作業中は集中していて気分転換になったようです。」

 

 

介護相談員さんの見学もあり、
「とっても勉強なりました。おいしいですね。」
と嬉しいお言葉を頂きました。
楽しく一生懸命な皆さんのお姿を見て頂けて、嬉しく思いました。

試食前には女性陣にホワイトデーのメッセージカードが配られ、
一足早いホワイトデーを楽しんで頂けたようでした。

 

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。

ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおそねケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
4月の食リハも引き続き、よろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおそねケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

3/4㈪に特別養護老人ホーム大曽根様にて食リハを行いました!

2019年3月5日 / イベントレポート, 食リハ

イベント名

食リハサポート

日時

平成31年3月4日(月)14時~16時

会場

小規模特別養護老人ホーム大曾根さま こもれび

参加者

ご利用者さま7名+試食のみ7名、スタッフさま4名

 

食リハサポ1

 

 

平成31年3月4日(月)に特別養護老人ホーム大曾根様にて食リハサポートの第42回目を開催しました。

入居者様全員にご参加いただけるように、2グループにわけての開催いただいております。
第42回のメニューはこちら

 

無題

 

インフルエンザ予防のために延期した2月分の振替開催となりました。
バレンタインにちなんでチョコレートクリームたっぷりのプリンに挑戦頂きました!

 

今回も
「開封する」「計る」「混ぜる」「押さえる」「もむ」「叩く」「切る」
「混ぜる」「移す」「浸す」「絞り出す」「注ぐ」など・・・

たくさんの作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 最初は真っ黒バナナが登場!
見た目はビックリですが
皮を剥くと中身は・・・とっろとろ~!
フロアにバナナの甘い香りが広がりました。
1人1本ずつ袋に詰めたバナナを思い思いの方法で潰して頂きました。
手の平でにぎにぎされる方・・・
指先で潰される方・・・
棒の腹でたたく方・・・
棒の先を押し付ける方・・・などなど
皆さんの頑張りでトロトロバナナが完成しました。

 

DSCN8302 DSCN8304 DSCN8310
DSCN8309 DSCN8307 DSCN8311

 

 

プリン液ももちろん手作りです。
お砂糖や牛乳を計量し
混ぜて頂きました。
出来上がったプリン液にトロトロバナナを投入!
ハサミでカットをお願いすると自然と手が動きます。
「ハサミ使えてる~」と職員さんの方がビックリ!
あとで来られた職員さんに
「○○さんハサミで切れたんですよ~」と嬉しいご報告もありました。

 

DSCN8312 DSCN8317 DSCN8318
DSCN8320 DSCN8322

 

 

器にプリン液を流し終えてひと段落。
すると・・・
働きもののご利用者さま
テーブルを拭いてくださる嬉しいお姿がありました。

 

DSCN8323

 

 

たっぷりの氷で冷やし固めます。
氷水を慎重にはってくださったのも
もちろんご利用者さまです。

服などをほぐしてしまう・・・というご利用者様には
箱を開ける作業をお願いしました。
意外な開封に「そう来たか!」と感心する職員さん。

 

DSCN8325 DSCN8319 DSCN8324

 

 

バナナソースとチョコホイップでデコレーション
ソフトクリーム並みに山高に絞ってくださった方
もちろん!ご自分用です(笑)

DSCN8330 DSCN8332
DSCN8331 DSCN8327

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

・うまいな~

・甘さ丁度いい

・スプーン早く下さい!

など

 

ペロリと完食頂きました。

 

 

完成後に面会に来られたご家族さまも
大活躍されたご様子をお伝えすると嬉しそうに
ご自宅での几帳面だった生活を教えてくださいました。

ご家族様から作ったの?との問いかけには
「何もしてない。」との返答。
作ったことは忘れてしまっても
料理の仕方は体がしっかり覚えていて大活躍を頂けました。

 

 

このような機会をくださいました特別養護老人ホーム大曾根の皆さまは、この場をお借りしてお礼申し上げます。

次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、特別養護老人ホーム大曾根様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

2/26(火)おおぞらケアセンター様にて食リハサポートを行いました!

2019年3月3日 / イベントレポート, 食リハ

 

イベント名

食リハサポート

日時

平成31年2月26日(火)13:50~16:00

会場

おおぞらケアセンター デイルーム

参加者

ご利用者さま9名+試食のみ1名、スタッフさま5名

  食リハサポ1

 

 

平成31年2月26日(火)に、小規模多機能型居宅介護事業所おおぞらケアセンターさまにて、ゆにしあの【食リハサポート】の第52回を行いました。

 

第52回目のレシピはこちら

 

無題

 

 

一足おさきにひな祭り気分を味わえる
甘酒の風味香る春のお菓子に挑戦頂きました!

 

今回も「開封する」「計る」「割る」「混ぜる」「すくう」「裏返す」
「めくる」「塗る」「回す」「注ぐ」「重ねる」「切る」

などの様々な作業をご利用者様主体にて行って頂きました。

 

 

作業をお願いすると「しない!」という方も
お優しい方なので「手を貸してください~」
と二人でないと出来ない作業をお願いすると
自然と作業の輪の中へ・・・

 

 DSCN8246 DSCN8248 DSCN8250

 

認知機能や作業能力が異なる利用者さまが一緒に作業をされると
どうしても「出来ないこと」「自分と違うこと」に目が行きがちです。
横並びの席にしたり
絶えずたくさんの作業があることで
自分のことに集中し
他の方への過度な声がけもなく
皆さんが楽しく作業をして頂けました。

 

 

生地の色合いは担当チームが協議をしながら調整してくださいました。
控えめなかわいらしい桃色
春の足跡がしっかりと聞こえそうな美しい緑に仕上がりました!

皆さんの初体験の甘酒入りクリームも味見をしながら
甘酒の加減を調整します。
独特の甘酒の香りに「よっぱらっちうな~」なんて声も。

 

DSCN8253 DSCN8254 DSCN8260
DSCN8265 DSCN8266 DSCN8269

 

 

重ねる色の意味もあるのですが
チームごとの個性を生かして
基本に忠実なチーム
3色を交互に重ねたチーム
異なる色合いの意味にこだわったチーム など
3チームが全く違う仕上がりになりました!

 

切り分け作業も「この手ごたえがいい!」と
結婚式のケーキ入刀さながらに
お一人お一人が1カットずつ回しながら
全員の力を合わせて綺麗なひし餅風に仕上げて下さいました

 

 DSCN8271 DSCN8274 DSCN8275

 

 

ミキサー食を食べられている方は食べる力を確認し
今回は同じ甘酒クリームを使って
3色が綺麗なひし餅風のプリンに仕上げました。
もちろんミキサー食の方も混ぜる作業や味見をお手伝い頂きました!

 

DSCN8291 DSCN8288 DSCN8294
DSCN8297 DSCN8296 DSCN8298

 

 

参加者さまからの感想(吹出)

 

〇 先生たちが来るといつも美味しいことが始まります!

〇 うまいな~酔っぱらっちゃうな~

〇 生地がもっちもちだわ~

〇 次は桜もいいわね~

など

 

名称未設定15

 

〇 利用者さま同士が協力し合って作業が出来ていました。良いコンビでした!

〇 クリームが甘酒風味でおいしかったです。ミキサーの方も味見して満足していました。

〇 ミキサー食の方のプリンもこちらの方がおいしそう!と思える良い出来栄えでした!

〇 感触や断面の出来栄えに、切っても感動がありました。

など

 

 

今回も職員みなさまのサポートのおかげで、怪我もなく安全に食リハを実施できました。

ありがとうございました。

このような機会をくださいましたおおぞらケアセンターさまには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
次回の食リハもよろしくお願いいたします。

このレポートでご紹介させて頂いてる画像に関しては、おおぞらケアセンター様ならびに参加者様・ご家族様のご許可を得まして掲載させて頂いております。

ゆにしあでは、高齢者施設向けの「食事リハサポート」や「職員研修会」など、企画提案、講師派遣させて頂いております。
ご要望やご予算に合わせてのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
食リハサポートのご案内

クックパッドでもレシピ公開中!

レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド


カレンダー

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

サポート団体さま

ゆにしあは社会貢献型の団体として、山形県や日本財団などの多くの皆様から助成やご支援をいただきながら運営しています。



TOPへ戻る